SSブログ

大阪はギャルみこし [時事ネタ]

既に「ギャル」という言葉は死語ではあるが、大阪の夏の祭の「天神祭」ではこの名詞を使っていることから、今でも「ギャルみこし」という言葉を使わざるを得ないことを最初に断っておく。

京都で祇園祭が行われると、関西における次の大きな祭は大阪の天神祭である。既に大阪の夏の風物詩として定着した天神祭であるが、その華の一つである「ギャルみこし」が23日、大阪市北区の天神橋筋商店街(この商店街は、長さが日本一長い商店街としても有名である。)で行われ、OLや女子学生ら78人が重さ約200kgのみこし2基を担いで商店街を練り歩き、町はお祭りムード一色に染まった。

今年は25周年となることで、ちょっとしたイベントになり、かつて「みこしギャル」を経験した母親が娘とペアで参加する記念イベントとなった。(母娘2代のみこしギャルの誕生となった。)

言葉の上では「祭」という同じ字を使うが、京都の祇園祭と大阪の天神祭にはそれぞれの街の味が出ていて、全く違ったムードを醸し出してくれる。関西は暑いけれど、住むには色々とあって実にいいところである。


地震・備えは大丈夫?戦隊回顧録28 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。