SSブログ

Boukenger task5 [特撮]

今回のメインはピンクピンクの活躍編というのは、戦隊の中では初代「ゴレンジャー」から受け継がれている定番の物語です。また、今回の戦隊メンバーの中では最も役者としてのキャリアのある末永さんがそのピンクであるだけに、芝居の方も期待できます。BGMについては、今回は「帝国の真珠」というものが物語の中心にあるということで、「ケータイ刑事銭形零」の1st.シリーズ第4話で「露の三宝」の一つとして真珠が狙われたという物語があったということと、今回の「30戦隊大全集」は「JAKQ電撃隊」ということで、モチーフはトランプであり、そこから「ハート」と「エース」をいただいて、「ケータイ刑事銭形愛」の第7話で「ハートのエース殺人事件」という物語があったことから、BGMは「ケータイ刑事」のサントラ盤(だけど「愛」は主題歌しか収録されていない)とする。

「帝国の真珠」というプレシャスの取引をしようとしている風のシズカ。そこにボウケンジャーが現れる。銃撃戦の中で、ピンクは射撃のオリンピック候補だったということが判明する。歴代戦隊のメンバーでも、スポーツ選手としたら一流という経歴の戦士がいるが、「オリンピック候補」というのは誰かいましたっけ?

で、帝国の真珠(「銭形零」の時でもスーパーボール大の大きさであったが、ここでは更に一回り大きい。そんなにも大きな真珠を生み出す真珠貝はどんな大きさになるのだろうか?)は風のシズカの手を離れて表に出て行ってしまう。で、ピンクがその後を追う。が、それは少年・翔が拾っていた。シズカが追ってくるので、ピンクはそれを少年に託する。この時、少年が「もしかして、あなたってヒーロー?」って、普通ではない姿をしていたらヒーローか悪人のどちらかと思うでしょう。で、変身を解除したさくらが先ほどの少年を追うが、さくらのことを「あんた誰?」で、再び変身してくる間に少年の姿は消えていた。で、「ボウケンピンクじゃなくボケピンク」って、そういうキャラなんですか?で、追っかけっこになる。誘拐犯にされかけるさくら。次の作戦は鯛焼き。(鯛焼きが大好きな先輩戦隊戦士って、いませんでしたか?)が、「悪い奴ってよくそういう手を使う」って、この少年、結構生意気です。更にさくらに対して「目が笑っていない」→ここまでくると、「銭形愛」「銭形舞」「銭形零」「銭形雷」に登場した小学生検事正の多摩川ドイル(この生意気な小学生検事正、何故か「銭形泪」にだけは登場せず。→泪ちゃんには最初から適わないとして逃げたのか、他に理由があるのかは不明)に近いものがあるぞ。

「子供が不安になっている時は笑ってやればいい」というレッド暁の言葉を思い出すさくら。しかし、が、「おかしくもないのに笑うことは出来ません」と真面目な性格のさくら。ちょっとお堅いキャラですね。(こういうキャラが弾けると、とても良い味が出るようになるのですが...)更に追いかけっこが続くが、少年が電車の駅の自動改札を潜り込んだのを見たさくらは切符を買ってくる。で「真面目すぎるって言われない」って、この子、よく見ています。が、そこに風のシズカが現れる。何とかして少年を逃がそうとするさくら。やっぱり健気な一途のヒロインというのは戦隊ヒロインの王道です。

が、翔の前にタクミガミが現れ、帝国の真珠を奪い取る。「帝国の真珠」には、20世紀初頭のある天才科学者が発明した超巨大戦車ビオパンツァーの設計図が封印されていて、ダークシャドウはその設計図を手に入れてビオパンツァーを再現しようとしていた、ということで、ビオパンツァーを再現して暴れ回る。

そこに姿を現した人格者・レッドの暁。「自分のミスは自分だけで解決する。そういう真面目すぎる奴も面白い」とさくらを認めると、「最後まで一人でやってみろ」とゴーゴーショベルを託してさくらに任せる。→暁って、ボウケンジャーのリーダーだけど、行動隊長というような一面も見せてくれます。こういうレッドは本当に久しぶり。(今回は「30戦隊大全集」がジャッカーなので、行動隊長・ビッグワンに捧ぐ。)

ゴーゴーシャベルに乗り込んだピンクはレッドの助けもあり、少年・翔を守り、ビオパンツァーも破壊すると、プレシャスは元の石の姿に戻ってしまう。一方、タクミガミは巨大化する。そこに駆けつけた残り3人のボウケンジャー(今回は影が薄い3人です)はダイボウケンに、更にピンクの操縦するゴーゴーショベルもダイボウケンに合体してダイボウケンショベルになり、タクミガミを粉砕。→それにしても、こんな早い時期に巨大ロボもバリュエーションが増えるとなると、玩具の嵐が待っているだけに、お父さん&お母さんにとっては「恐恐戦隊」となってしまいます。

プレシャスの回収のために5人で探すが、そこでもさくらは超真面目ぶりを発揮する。やっぱりキャラはそう簡単には変わりません。「ヒーローを呼んできます」とさくらが一旦少年から離れようとするが、彼はさくらに渡す。そして「お姉ちゃん、ごめんなさい」(→多摩川ドイルにはあり得ない素直な少年です。)さくらは笑顔に。ということで、ちょっとウルウルとくるラストでした。(また、ヒロインの笑顔は王道です。)

30戦隊大全集。第2回となる今回は、2代目戦隊の「ジャッカー電撃隊」。歴代戦隊の中で、唯一、メンバーが人間ではない(サイボーグ)戦隊である。だけど、必殺技・ビッグボンバーというのは、後半になって行動隊長ビッグワンが登場してからのこと。(全35話の23話以降)ジャッカーと言えば、4人によるジャッカーコバックだと思うのですが... (あと、当時ブームとなっていたスーパーカーも忘れてはいけません。)また、ボウケンジャーのメンバーがトランプをしていて、レッドが「ジョーカー」を引いたけど、お分かりですよね。(ジャッカーの長官・鯨井大助は「ジョーカー」と呼ばれていました。)

 

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状+TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状+TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ, ナミ&チヨ
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: CD

↓「銭形愛」7話はこちらに収録されています。

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/05/22
  • メディア: DVD

↓「銭形零」1st.シリーズはこちら(4話もこれに収録されています)

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

↓次女・泪&三女・舞もピックアップ 

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/06/24
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/04/23
  • メディア: DVD

 

↓宝石店でよく見かけるこういう本は如何?

プロが本音で語る宝石の常識―The best of precious stone

プロが本音で語る宝石の常識―The best of precious stone

  • 作者: 岡本 憲将
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: ムック

 

轟轟戦隊ボウケンジャー主題歌

轟轟戦隊ボウケンジャー主題歌

  • アーティスト: Nob/サイキックラバー, Nob, 岩里祐穂, 京田誠一, サイキックラバー, 大石憲一郎
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: CD

<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> ジャッカー電撃隊

<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> ジャッカー電撃隊

  • アーティスト: ささきいさお, こおろぎ’73, 石ノ森章太郎, 渡辺宙明, 八手三郎
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/22
  • メディア: CD

↑今週はジャッカーです。↓

〈ANIMEX 1200シリーズ〉 (38) ジャッカー電撃隊 MUSIC COLLECTION (限定盤)

〈ANIMEX 1200シリーズ〉 (38) ジャッカー電撃隊 MUSIC COLLECTION (限定盤)

  • アーティスト: TVサントラ, ささきいさお, こおろぎ’73, 石ノ森章太郎, 渡辺宙明, スタジオ・オーケストラ, 八手三郎
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2004/03/27
  • メディア: CD

↓末永さん出演作品(「バトルロワイヤル2」にも出演していますが、それがamazonに無い)

八月のかりゆし

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2004/02/25
  • メディア: DVD
「八月のかりゆし」ポートレート オフショット&インタビュー・クリップ集

「八月のかりゆし」ポートレート オフショット&インタビュー・クリップ集

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2003/07/24
  • メディア: DVD


コメント(3)  トラックバック(75) 
共通テーマ:テレビ

コメント 3

kani

トラックバックありがとうございました。こちらからも貼らせて頂きます。

恐恐戦隊・・・。ボウケンジャーに限らず昔と比べると玩具は増えましたからね。お父さんお母さんの苦労がしのばれます。
by kani (2006-03-20 17:41) 

雨

タクミガミのデザインは、もろに社会科の教科書に出てくる工場のイメージで笑えましたね。
なんだか後期のゴレンジャーみたい。
by 雨 (2006-03-21 07:10) 

Jarni

トラバありがとうございます!
ボウケンジャー楽しいですよね。(^^)
by Jarni (2006-03-25 14:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 75

Garo #23Masked Rider KABUTO .. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。