SSブログ

Masked Rider KABUTO #9 [特撮]

それにしても、「ライダー」同士の戦いというのは「龍騎」以降、お馴染みのパターンであり、新鮮みもなく、まんねりになりつつありますね。しかも、今回の物語は「555」のカラーが強く反映されている。ということで、何回アクビがでたことやら... ということで、今回のBGMは、仮面ライダーファイズのコンプリートCD-BOX「Final Call」のDISC1としてスタート。

カブトとザビーが戦っている前回のラストから続く。加賀美は「2人が戦う必要なんてない。もうやめてくれ」と叫ぶが、2人には通じない。しかも、高架橋の一部が崩れて、それが加賀美をめがけて降りかかってくる。これって、手抜き工事だったのかは分からないが、道路の管理が全く行われていないということで、行政の責任は重すぎるぞ。(それに巻き込まれる加賀美も相当な運が悪い男ですが...)が、カブトがそれを救い、加賀美は無事だった。しかし、カブトはザビーのライダースティングを食らってしまう。で、変身が解除されてしまう。加賀美が天道を助けようとするが、ザビーは「俺の使命はカブトの抹殺だ」と言って、天道の腹にパンチ一発。天道は伸びてしまう。で、ザビーは走り去っていく。が、ザビーも甘ちゃんですね。カブト抹殺が使命と言うのであれば、トドメを刺して、しかもベルトを完全に破壊したことまで確認するべきである。それを行わなかったのだから、これは矢車のミスということになる。(で、こういう男がゼクトで動いているということを考えたら、まだまだ甘い組織と言うことになる。→「闇」の部分がある組織であれば、こういう所は徹底していなければならない。)

その後、立ち上がった天道は「身の危険から逃れるために仮死状態になる昆虫がいるってな」と言うが、加賀美は「バカ野郎!」とにかく加賀美はまっすぐでバカ正直な男だということがよく分かります。「敵を騙すにはまず味方から」という言葉もあるが、この場合はどちらの解釈をした方が良いのでしょうか?その後、カブトが自分を救うためにライダースティングを食らったと解釈した加賀美だったが、天道が再び倒れていた。で、救急車。

樹花は天道の帰りが遅いのを気にしていた。ひよりはイラストを描いている。そこに加賀美からの電話が入り、2人は病院へ。心配する気持ちもよく分かるが、夜の病院をあんなに走ったらいけません。入院患者さんたちに迷惑がかかります。兄貴はもっと妹を教育しないと...(って、あの天道だったら、そんなことは無理か...)

診察室から「かなり深刻ですね」という声がする。樹花が扉を開けると、天道が女医を診察している。あんた、医師免許持ってるの?それに、この女医も女医である。そんなことしていたら、即刻首ですよ。加賀美に対して「大袈裟すぎる」と天道。しかし、樹花は天道を戒め、その夜は入院することにする天道。で、ここからは「仮面ライダーお料理教室」となり、「夜食」という言葉から「カシミールカレー」→「インドカレー」へ

日が変わって、ワームと戦っているザビーとシャドウというお仲間チーム。加賀美は戦いの様子を撮影している。そこに田所と岬が現れる。ワームを粉砕して変身を解除した矢車は、田所たちにカブトを倒したと告げる。「ご苦労だった」と田所。が、加賀美と岬は複雑な表情を。更に、影山を見舞った矢車と加賀美は、カブトを倒したことを影山に伝える。影山はそれを喜ぶ。しかも矢車は「もう二度と現れることはない」と自信たっぷり。(でも、ベルトを破壊したと言っているが、破壊したことを確認していないのだから、自信家というのもたいしたことがない...)そうしていると、天道の声がした。「一列に並んでくれ」で、入院患者や看護師さんが列を作っている。それは何かと矢車たちが列を追っていくと、天道の特別個室から列は出来ていた。(いい部屋に入院したのですね~)で、かやくご飯と豚汁(でしょうか?)を振る舞っている。って、ここは病院でしょうが。そんなことしていいの?それに、看護師さんたちももっと厳しく管理しないといけません。

矢車は怒りをあらわにして去っていく。で、加賀美も後を追うが、列の中に岬がいるのに気づく。で、加賀美は岬を連れて行き話をする。その様子を見ていた影山は加賀美に食ってかかる。が矢車が現れ、影山と加賀美の争いを制する。「熱くなるな」と口にする矢車だが、彼の部下になったらストレスが溜まりそう... そこにワーム出現の連絡が入り、矢車は現場に向かう。加賀美は影山を病室に連れて行こうとするが、「俺たちはチームで戦っているんだ」と加賀美を振り払い、一人は知っていく影山。岬は「私たちにはまだカブトの力が必要なのかもしれないわね」と、それぞれの重いは複雑です。

天道と樹花は流しで使った食器を洗っている。その間、天道の病室にいたひよりはライダーベルトを偶然にも発見する。で、7年前の記憶を思い出す。少年がベルトを巻いている。で、ひよりは「殺さないで」と叫んでいる。ということは、天道とひよりは過去にも接触があったということなのか?あるいは、ベルトは天道とは別人の元にあったということなのか?(これは今後の物語の展開の伏線ですね。)が、加賀美がそれに気づいて、その場は何とか誤魔化し、ベルトを持って先に消えようとする。が、天道に見つかる。「岬さんに直してもらうんだ」と言うが、ベルトは直っていた。「自己修復機能が付いているのか?」と加賀美。が「そんな機能はないはずだ」と天道。結局、ベルトも生命体のようなものということなんでしょうか?(だんだん「555」のベルトの話に接近してきたぞ...)

矢車はバイクでワームが現れた場所に向かっていた。途中でザビーに変身。現場に到着するとシャドウを指揮する。脱皮した3匹のワーム(コレプテラワーム・アエネウスワーム、クロセウスワーム、アージェンタムワーム)に向かってシャドウの集中砲火が向けられるが、通用しない。で、ザビーはキャストオフからワームに立ち向かっていく。が、複数のワーム相手では分が悪い。ピンチになった所を影山が救った。(って、いつの間に復帰したの?少なくとも矢車よりも先に現場に到着していなければならないぞ。やっぱり影山はネクサスなのだろうか?)が、その影山も大勢いるワームには適わない。そこに天道登場。で、カブトに変身。ザビーは「そんなバカな」って、ベルトの破壊を確認しなかったあんたが悪いんです。大勢のワームの前ではシャドウもアリコマンド部隊(=ゼクトルーパー)と同様で歯が立たない。次々とワームにやられていく。カブトはワームに立ち向かっているが、ザビーは部下であるワームにやられているシャドウを無視してカブトに襲いかかる。(完全に逆上しています。)

また、その頃、影山はワームに追い込まれていた。絶体絶命のピンチに。が、そこにバイクに乗った加賀美が参上!側に落ちていた銃を手にするとワームに立ち向かっていき影山を救う。(あのヘタレの加賀美とは全く違う姿です。)が、弾が切れてしまい...

ザビーの方は、クロックアップしたカブトに対しても、クロックアップしてカブトに襲いかかる。が、突然変身が解除されてしまい、ザビーゼクターが飛び去ってしまう。で、元に戻った矢車はワームの敵ではない。で、ワームにはじき飛ばされると、偶然にも加賀美の側に飛ばされる。(ちょっと、出来すぎですなぁ...)で、加賀美は勇敢にもワームに立ち向かっていく。

その間にカブトはアエネウスワームを回し蹴り(別名:ライダーキック)で粉砕し、逃げたクロセウスワームとアージェンタムワームを追っていく。

加賀美たちは更にワームに囲まれてピンチに。が、シャドウの応援隊により、一旦は窮地から脱するも、やっぱりシャドウも改造アリコマンドというレベルであって、ワームに歯が立たない。で、シャドウの隊員に指示を出す加賀美。そこにザビーゼクターが飛んでくる。矢車の姿を見る加賀美であったが、矢車は戦意喪失状態であった。で、「変身!」「555」の1話の真理のように変身出来ないかとも思われたが、ザビーに変身することが出来ました。(真理と加賀美の違いは、男女ということで、性別がライダーに変身できるかどうかということになっている?)ということでザビーは、「555」のデルタのように変身する人が変わるライダーとなりました。

それにしても、今回の物語、過去の平成ライダーのつぎはぎという印象がより強くなっただけでした。「お料理教室」の方も中途半端だったし... で、前回にあれだけ買い込んだ「豆腐」はどうなっちゃったの?

次回からはいくつかの作品の放送枠移動(下記参照)によって、「地獄の日曜日」がスタートする。(今でも「苦しみの日曜日」であるが、更にキツイ状態となる。)こういうことが続いていたら、「カブト」に関しては、大いに手を抜くか、UPする時間を遅らせるかのどちらかになりそう。

(放送枠移動作品)
・「ケータイ刑事 銭形雷」日曜23:00 → 土曜23:00 (4/1より)
・「ケータイ刑事 銭形泪」木曜22:00 → 日曜10:00 (4/2より)
・「ウルトラマン」(「マックス」終了、新番「メビウス」)の放送枠
 土曜7:30 → 土曜17:30 (4/8より)

仮面ライダーファイズ コンプリートCD-BOX「Final Call」(CCCD)

仮面ライダーファイズ コンプリートCD-BOX「Final Call」(CCCD)

  • アーティスト: TVサントラ, ISSA, 藤林聖子, 中川幸太郎, 石原慎一, 近藤昭雄, m.c.A・T, RIDER CHIPS, ICHIDAI, 渡部チェル, Ikuo
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2004/01/15
  • メディア: CD

↓不完全燃焼ながら、「お料理教室」から

インド、カレーの旅―本場の味を求めて、インドカレーめぐり

インド、カレーの旅―本場の味を求めて、インドカレーめぐり

  • 作者: ミラ メータ
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本

国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百料〈2〉インド カレー

国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百料〈2〉インド カレー

  • 作者: 谷川 彰英
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本

旬の炊き込みご飯

旬の炊き込みご飯

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


コメント(3)  トラックバック(82) 

コメント 3

ほりり空曹

こんにちわ.いつもTBありがとうございます.
>高架橋の一部が崩れて、それが加賀美をめがけて降りかかってくる。これって、手抜き工事だったのかは分からないが...

のことですが,冒頭のシーンで,道路の手すり部分に投げさされたカブトがぶつかって,破損するシーンがあります.おそらくそれが崩壊したということなのではないでしょうか.(次のシーンでは壊れてないというのがちょっとアレですが)

前々回ではクロックアップの先頭時に割れたはずの車のフロントガラスが,直ってましたし(笑)

私にとっては,もはや,ひよりだけが見続ける源泉です.
by ほりり空曹 (2006-03-26 21:24) 

紅葉

トラバ、ありがとうございました~
こちらからもトラバしました!
また遊びに来ますね☆★
by 紅葉 (2006-03-27 19:57) 

あわはぎ

TBありがとうございます。
ついに加賀美くんが変身しました!って早すぎるような気がします・・・期待はしてましたがね。
TBさせて頂きました。
by あわはぎ (2006-03-27 22:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 82

Boukenger task6RYUKENDO #12 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。