SSブログ

「THE MAN IN THE IRON MASK」 [映画(洋画)]

表題の作品は1998年のアメリカ映画「仮面の男」である。これもA.デュマ原作の小説「鉄仮面」の映画化作品である。物語の時間軸では、ダルタニアンと三銃士たちの老いた物語でもあるので、「三銃士」の後日譚ということも出来る。(「三銃士」では国王はルイ13世だったが、本作ではルイ14世になっている。)また、L.ディカプリオが二役を演じたということも話題になった作品である。



作品データを記しておくと、時間は132分、原作はアレクサンドル・デュマ、監督はランドール・ウォレス、脚本はランドール・ウォレス、撮影はピーター・サシツキー、音楽はニック・グレニー・スミスである。そして出演は、レオナルド・ディカプリオ、ジェレミー・アイアンズ、ジョン・マルコヴィッチ、ジェラール・ドパルデュー、ガブリエル・バーン、アンヌ・パリロー、ジュディット・ゴドレーシュ、エドワード・アタートン、ピーター・サースガード、たちである。



アラミス、ポルトス、アトスの3人もすっかりと老い、ダルタニアンだけが銃士隊長として若きルイ14世に仕えていた。国王・ルイ14世は民衆の声に耳を傾けず、豪華な宴にうつつを抜かす日々を過ごしていた。そのため民衆は飢えに苦しむという状況になっていた。そんな中、国王には秘密があって、双子の弟・フィリップがバスティーユ牢獄に幽閉されているということを知った元三銃士たち。で、アラミスはかつての仲間を集め、幽閉されている仮面の男を救出し、国王とすり替える計画を立てる。が、ダルタニアンだけはそれを拒んだ。しかし、アラミスたちは計画を実行に移し、まずは仮面の男の救出を果たす。で、次は仮面の男と国王とのすり替えを行おうとするが、3週間後の仮面舞踏会の時を決行の時と決めた。仮面の男には真の偉大な国王になるための訓練が始まる。そして迎えた仮面舞踏会の日。一旦はすり替えに成功するも、フィリップは囚われの身になり、クリスティーヌは自殺をしてしまう。で、ダルタニアンもようやく意を決めて、元三銃士たちに加勢する。が、ルイ14世との決闘で刺されてしまった。死を前にして秘密を語るダルタニアンは...



豪華で華やかな宮廷衣装、ロマンティックなロマンス、政治的な策謀、友情、親子の絆などが上手く絡んだスケールの大きな物語となっていて、見所が満載という作品に仕上がっている。ただ、「三銃士」と比べると、華やかさは本作(「鉄仮面」)の方がスケールアップしているが、青春、冒険アドベンチャーという部分は完全にトーンダウンしている。やはり、かつてのヒーローである三銃士たちも寄る年波には勝てぬ、ということなんですね。ということで「三銃士」の後日譚ではあるが、やはり別物と考えた方がいいですね。で、ディカプリオの二役に注目ということでよろしいかと...

 


 


仮面の男 (ベストヒット・セレクション)

仮面の男 (ベストヒット・セレクション)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

仮面の男

仮面の男

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
 
↓原作はこちら

ダルタニャン物語〈第10巻〉鉄仮面

ダルタニャン物語〈第10巻〉鉄仮面

  • 作者: A. デュマ
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。