SSブログ

BS-TBSベストドラマ100#26・恋日・2nd.・誰より好きなのに [BS-TBS(BS-i)関連]

今回で放送が半年となる26回目であるが、半分の13回が「恋日」ということになりました。(「ケータイ刑事」は10本、その他が3本となっている。)「恋日」が多すぎると思うのだが、「恋日」は「恋日」で良い作品がたくさんあるということでもある。それだけに、こういう中途半端な形での放送ではなく、全話の再放送をするべきだと思います。

また、「ケータイ刑事」がある程度多くなると言うのは思っていたが、それ以外の作品として「怪談新耳袋」「スパイ道」「佐藤四姉妹」などの登場を期待しているのに、全く登場しないというのはどうなっているのですかねぇ?また、「さそり」や「チャイナロード」も取り上げて欲しいし、「68FILMS」の作品の中にも秀作がある。ベスト100ということで100本放送するのであろうが、ここまではちょっと偏りすぎていて、内容的に不満を感じるところである。

で、今回のチョイスが、ナビゲーターを務めている中江有里の脚本家デビュー作ということで、選ばれるべくして選ばれた作品であるだけに、余計に不満を感じることになった。(この物語も秀作という中には入る作品ではありますが...)

今回の注目点は、ナビゲーターの中江有里がどれだけ裏話を話すか、というところだけである。(話の内容次第では、ナビゲータ不要論が出て当然となるだけに、今後の運命を担っていると言うことにもなった。)

簡単にこの物語の内容を述べているが、これはまあ当然である。で、自分が脚本を書いたという話し、その経緯を少しではあるものの語ったということで、今回は久しぶりにアタリだった冒頭のナビゲート部分でした。

尚、物語の中身については省略します。

次回は「ケータイ刑事」となるが、「銭形雷」となっている。「セカンド」の文字がないことから、第1話のちゃん初登場の物語になるものと思います。(しかも、レギュラー全てを入れ替えたため、新たな「ケータイ刑事」のスタートとなった物語であるだけに、選ばれて当然ですし...)

が、ショートフィルム道の短編作品を取り上げて貰いたいと思う所です。それに、12月になるとこの時間は「銭形結」となるため、「ベストドラマ100」の放送枠は移動することになるのでしょうが、無理に「銭形雷」に突入しなくても良いと思うのですが...(が、半分が「恋日」だったら、やはり「恋日」の再放送枠の復活させて欲しい...)

 

恋する日曜日 ラブソング コレクション DVD BOX

恋する日曜日 ラブソング コレクション DVD BOX

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

INFORMATION SOCIETY『..INSTANT FUNK『INSTANT.. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。