SSブログ

「EL NORTE」 [映画(洋画)]

表題の作品は1983年のアメリカ映画「エル・ノルテ 約束の地」である。日本での劇場公開は1988年11月であった。夢を求めて「北(エル・ノルテ)」へと流離う兄妹の希望と苦悩の日々を描いた人間ドラマである。

作品データを記しておくと、時間は139分、監督はグレゴリー・ナヴァ、脚本はグレゴリー・ナヴァとアンナ・トーマスの2人、撮影しジェームズ・グレノン、音楽はザ・フォルクロリスタスとメルシオ・マルティネスの2人である。そして出演は、ザイーデ・シルヴィア・グティエレス、デヴィッド・ヴィラルパンド、アーネスト・ゴメス・クルス、アリシア・デル・ラーゴ、ルーペ・オンティヴェロス、トニー・プラナ、ダイアン・キャリー、たちである。

中米・グァテマラ。その北部に住んでいるインディオの小作人たちは、地主の圧制に苦しみながら、いつかは自由な暮らしを夢見て過ごしていた。エンリケとロサという兄妹も誰もと同じで、豊かな北・アメリカ(=エル・ノルテ)への思いを募らせていた。ある夜、兄妹の父は、村外れにある廃墟で行われる密会に出席したが、そこに政府軍が乱入して惨殺された。更に母も軍隊に連行されていき、行方不明となってしまう。兄妹は身の危険を感じ、村を捨てて北へと行くことを決意した。難とかメキシコのティファナに到着した2人は国境を越えようとするが、国境案内人に騙されて密入国に失敗してしまう。メキシコに戻った2人は、村人ラモンの紹介で、ライモンドという案内人を頼り、地下水道を潜り抜けて、難とかアメリカに入国をした。そして、ロスに行き、新生活を初めて2人は、次第にその生活に馴染んでいく。エンリケはウェイターに、ロサは家政婦の仕事に就き、次第に豊かさを感じるようになっていた。そんな中、エンリケはシカゴでの仕事を依頼された。しかし、この仕事は妹の同行が許されないため、断った。すると、エンリケの出世をねたむ同僚が移民局に密告し、エンリケは職を失ってしまう。で、シカゴ行きを改めて考えるエンリケだったが、ロサがチフスで重体になったという知らせが入る。ロサの病床に向かったエンリケは、仕事か妹かを悩むエンリケだったが、彼の姿を見たロサは静かに息を引き取った...

中米とアメリカでは、貧困からくる移民問題は現在では大きな社会問題となっているが、その問題に比較的早く着目して描かれた社会派ドラマであり、兄妹愛を絡めてじっくりと描かれた作品である。

日本では、この問題に関しては今一つ認識されないこともあって、ソフトには恵まれない状況になっているが、こういう問題こそじっくりと考えておくべきであるだけに、問題を知るためにも見ておくべきかと...(但し、本作はドキュメントではなく、フィクションであるだけに、あくまでも参考資料の一つにしかなりませんが...)

 

↓リージョンコードが「2」ではないので注意が必要です。

El Norte [DVD] [Import]

El Norte [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Force Ente
  • メディア: DVD

↓ビデオです。

El Norte [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Arrow
  • メディア: VHS


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

FREDDY CANNON『THE EX..「EL MARIACHI」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。