SSブログ

「HIGHLANDER 3: THE SORCERER」 [映画(洋画)]

表題の作品は1994年のシリーズ第3弾となる「ハイランダー/超戦士大決戦」である。製作当時は「シリーズ完結編」ということになったのだが、2000年にシリーズ第4作となる「ハイランダー/最終戦士」がせいさくされることになった。(但し、これは日本では劇場未公開である。)→こういうことはよくあることです。が、かつてはシリーズ作品といえば全3作というのが多いのだが、暫く間をおいてから4作目が作られるというのが、最近は多いですね。それだけネタに苦しんでいるということも出来ます...

本作はシリーズ第3作であるが、物語を時間軸で捕らえれば、「1」の後にくるものである。(こういう時間上の設定というシリーズも幾つもあるので、珍しくないです。)

作品データを記しておくと、本作はイギリス、フランス、カナダの共同制作となり、各国のスタッフが終結している。また、時間は99分である。製作はクラウド・レガー、監督はアンディ・モラハン、脚本はポール・オウル、撮影はスティーヴン・チヴァーズ、音楽はJ・ピーター・ロビンソンである。そして出演は、クリストファー・ランバート、マリオ・ヴァン・ピーブルズ、デボラ・アンガー、マコ、マーティン・ニューフィールド、たちである。

物語は16世紀の日本。師匠ラミレスの死によってマクラウドは失意の中、日本に渡り、魔術師ナカノの元で、ニリの山の地下洞窟で修行を行っていた。そこへ、超パワーを持つマクラウドを倒して世界の支配を企む魔術師・ケインが部下と共に襲ってきた、ナカノは倒されるが、マクラウドは何とか難を逃れる。が、この時、洞窟は崩壊して魔術師たちは地底深く埋没した。それから時を経た1994年、ニューヨーク。マクラウドは古美術商ラッセル・ナッシュと名乗っていて、養子のジョンと共に人間として平穏な生活を送っていた。そんな中、日本のある大企業が伝説の霊山・ニリの近くに工場を建てたことからケインが復活した。そしてそこからマクラウドは再び戦いに身を投じることになる...

時間軸上も「1」の後ということで、「1」の設定が活かされていて、「2」で登場した「異星人」という設定は無視されたが、この方がファンタジックな要素があって、「ハイランダー」らしい雰囲気が出るところである。しかも、マクラウドがかつて日本で修行をしていたということで、東洋と西洋が融合したようになり、こういう設定は大歓迎である。(「宇宙人」という安易な発想に走らなくても、が得れば面白くなるのである。)

アクションの方もたっぷりと見せてくれていて、迫力満点のSFXと共に、なかなか見応えのある作品に仕上がっている。(少なくとも「2」よりはずっと出来が良い。また、「2」が未見という方でも「1」を見ていたらついて行ける物語でもある。)'90'sのアクション作品としたらお薦めの1本である。

 

ハイランダー3 超戦士大決戦

ハイランダー3 超戦士大決戦

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2001/06/22
  • メディア: DVD

↓シリーズ1作目はこちらです。

ハイランダー 悪魔の戦士

ハイランダー 悪魔の戦士

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2004/11/25
  • メディア: DVD


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「HALLOWEEN 6: THE CURSE OF MICHAEL MYERS」 [映画(洋画)]

表題の作品は1995年の「ハロウィン6/最後の戦い」である。前作から6年ぶりの新作となって、シリーズ第6弾となったが、本作はルーミスを演じたD.プレザンスの遺作でもある。(本作完成後に亡くなった。)そのため、シリーズ完結編ということになったが、3年後の1998年にシリーズ第7弾となる「ハロウィンH20」が製作されることになった。尚、本作は日本では劇場未公開であり、日本での人気はやはり今ひとつ盛り上がらなかったのは前作と同様であった。

作品データを記しておくと、ぬ世酔え年の作品で、時間は88分である。テーマ音楽は第1作のジョン・カーペンターのものが使われている。製作はポール・フリーマン、製作総指揮はムスタファ・アッカド、監督はジョー・チャペル、脚本はダニエル・ファランズ、撮影はビリー・ディクソン、音楽はアラン・ハワースである。そして出演は、ドナルド・プレザンス、ポール・スティーヴン・ラッド、マリアンヌ・ヘイガン、キム・ダービー、ブラッドフォード・イングリッシュ、ミッチェル・ライアン、スーザン・スウィフト、たちである。

物語の方は、マイケルが死んで5年。すっかり平和になったハドンフィールドだったが、茨の呪いという肉親殺害に駆り立てる者によってマイケルが復活。一方、成長したジェイミーは子供を産んだが、その子がマイケルに狙われることを知る。で、赤ちゃんを隠すジェイミーだったが、殺されてしまう。マイケルはジェイミーの子を狙い、マイケルの復活を知ったルーミスも戻ってくる...

パターンはこれまでと同じであり、マイケルを倒して惨劇を防ごうとする戦いが繰り広げられるのだが、引退したルーミスが戻ってくる、というようにやっぱりこのシリーズはルーミスの存在があってのものだということを感じさせてくれる。

一方、マイケルは悪魔崇拝者たちのグループに所属していて、崇められる存在になっているが、どうしてそうする必要があったのか、疑問を感じる所である。これによって、何らかの形で集団の生き残りがいて、マイケルは何度でも甦るということを無意識に暗示しており、更なる続編が生まれるのではないか、と感じさせてしまったのはいただけない所である。で、案の定、続編が製作されることになった。

ということで、ルーミスの最後の作品ということで、本作を以てシリーズは完結した、と思うのがベストです。D.プレザンス(「007」シリーズでは、初代ブロフェルドを演じていました。)に敬意を払うということで、見ておきましょう。

 

ハロウィン6最後の戦い(字幕)

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • 発売日: 1996/10/25
  • メディア: ビデオ

↑ DVDではなくてビデオです ↓

ハロウィン6最後の戦い(吹替)

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • 発売日: 1996/10/25
  • メディア: ビデオ
やっぱり第1作ですかね...
ハロウィン Extended Edition

ハロウィン Extended Edition

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/10/23
  • メディア: DVD
ハロウィン オリジナル劇場公開版

ハロウィン オリジナル劇場公開版

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/10/23
  • メディア: DVD
 
↓D.プレザンスがブロフェルドを演じたのはこれです。
007は二度死ぬ (デジタルリマスター・バージョン)

007は二度死ぬ (デジタルリマスター・バージョン)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/08/25
  • メディア: DVD

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

JOURNEY『ARRIVAL』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは2000年に日本で先行リリースされ、アメリカでは2001年に発表された彼らの12枚目のスタジオ収録のアルバムである。(ベスト盤は除く。)前作から4年という時間の間にスティーブ・ペリースティーブ・スミスが脱退するということになり、名前は「JOURNEY」であるが別のバンドになってしまったという印象が拭いきれなかったアルバムである。とは言っても、ニール・ショーン、ロス・ヴァロリー、ジョナサン・ケインは健在であり、スティーヴ・オウジェリーのボーカルも悪いものではない。が、セールスの点では苦戦して、Billboardのアルバム・チャートでは最高位56位を記録という成績であった。

収録曲は以下の全15曲である。『Higher Place』『All The Way』『Signs Of Life』『All The Things』『Loved By You』『Livin' To Do』『World Gone Wild』『I Got A Reason』『With Your Love』『Lifetime Of Dreams』『Live And Breathe』『Nothin' Comes Close』『To Be Alive Again』『Kiss Me Softly』『We Will Meet Again』。

この中からは以下の3曲がシングル・カットされたが、いずれもがBillboardのHOT 100にランクインすることなく終わっている。『Higher Place』『All The Way』『With Your Love』。とは言っても、チャート・インし無かったから曲の出来も悪いというものではない。(特別に秀でているというものでもなく、平均的なロック・アルバムである。)ただ、「JOURNEY」という名前があるだけに、どうしてもスティーブ・ペリーのボーカルではないことに違和感を感じてしまい、そこから来る違いが拒否反応をしているだけである。つまり、本アルバムのJOURNEYは、'70's終盤から'80'sに全盛を誇ったあのスーパー・バンドのJOURNEYとは同名であるが、別バンドと考えたらよい。サウンドの方は'70'sのJOURNEYサウンドに戻った感じがするものになっている。

本アルバムからのお薦め曲は、やはり『Higher Place』『All The Way』『With Your Love』というシングル・カットされた3曲をピックアップしておく。ヒットを記録していないとは言っても、やはりシングル・カットをするだけの曲である。一度は聴いておきたい曲である。

スティーブ・ペリーのボーカルではないJOURNEYをどう捕らえるかは各人に任せるが、S.ペリーのいたJOURNEYとは別のバンドで、たまたまJOURNEYと同名の別バンドで、「Journey」だと思えばよろしいかと... それにしても、かつて、音楽シーンを制覇したようなビッグ・ネームのバンドになると、全盛期のイメージがあるだけに、一部のメンバー・チェンジで活動を続けていると、やっぱり厳しいものですね。だからと言ってバンド名を変えるのも変ですし... ただ、かつてのJOURNEYを知らない方には、すんなりと入っていけるようなアルバムであり、新たなファンを獲得すると思えば、これも仕方のないところなんでしょうね。

 

Arrival

Arrival

  • アーティスト: Journey
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2001/04/03
  • メディア: CD


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。