SSブログ

「RUNAWAY TRAIN」 [映画(洋画)]

表題の作品は1985年のアメリカ映画「暴走機関車」である。日本が世界に誇る黒澤明監督が書いた脚本を元にしたアクション作品である。そのため、黒澤明が監督として本作を映画化していたら、という話がよく語られる作品としても知れている。(が、日本映画として製作されたら、アクション・シーンや機関車のシーンは随分と違ったものとなって、「アクション大作」ではない別の形になったことでしょうね...)サスペンス作品としてもなかなかのデキの娯楽大作である。

作品データを記しておくと、時間は111分、原作は黒澤明、(原案として、黒澤明、菊島隆三、小国英雄の3人の名前を挙げている資料もある。)、監督はアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はジョルジェ・ミリチェヴィク、ポール・ジンデル、エドワード・バンカーの3人、撮影はアラン・ヒューム、美術はジョセフ・T・ギャリティ、音楽はトレヴァー・ジョーンズである。そして出演は、ジョン・ヴォイト、エリック・ロバーツ、レベッカ・デモーネイ、カイル・T・ヘフナー、ジョン・P・ライアン、T・K・カーター、ケネス・マクミラン、ステイシー・ピックレン、ウォルター・ワイアット、エドワード・バンカー、ダニー・トレホ、ハンク・ウォーデン、タイニー・リスター・Jr.、たちである。

アラスカにあるストーンヘヴン重犯罪者刑務所から、所長の怒りを買って3年間独房に入れられていたマーニーと、15歳の娘をレイプした罪で服役中のバックが脱獄し、吹雪の原野を彷徨う2人は鉄道の操車場で4連ディーゼルを見つけ、それに飛び乗った。が、その列車では異変が起こっていた。というのは、初老の機関士が、列車を発車させると心臓発作で車外に転落してしまい、機関士がいない状態で列車は加速を始めていたのだった。操車場から連絡が入り、鉄道管制指令室は慌て始めた。しかし、マニーとバックはそんなことになっているとは全く思っていなかった。しかし、列車が別の貨物列車に突っこんだことで、異変の重要性に気がついた。また、列車の女性乗務員・サラはうたた寝している間にとんでもない事態になっていることに驚くも、何とかしようとする。

その頃、刑務所長も脱獄したマーニーたちが列車に乗っていることを掴み、ヘリコプターで追う。鉄道管制指令室では事故を最小限に留めるための作戦が決められる。

先頭の機関車は流線型で車体に通路がなく、運転席まで行くのは不可能だとサラはマニーたちに告げるが、マーニーは何とかして機関車に乗り込むことを考えていた。しかし、それは失敗してしまう。

その頃、鉄道管制指令室では、数人の犠牲が出ることは仕方ないとして、機関車を側線に入れて、脱線させて停止させるという作戦を実行することにした。でポイントが切り替えられ、列車は側線には入って行く。サラは直ぐに側線に入ったことを察知し、その先は行き止まりになっていることを告る。マーニーは何とかして機関車の連結器を外すことを試みることにした。

一方、刑務所長は脱獄したマーニーを許せず、始末しようとしてヘリコプターで追いかけてきて、遂に列車に乗り込んできた。マーニーと所長の争いは簡単にマーニーが制し、所長を手錠で車内のポールに繋いだ。で、連結器を解除しようとするマーニーは何とかして連結器を解除した。これによって先頭の機関車だけが行き止まりの線路に突っ込んでいった。

寒さ、追っ手、先のなさという三重苦の中で暴走する機関車を舞台にしたサスペンスということで、なかなか考えられたストーリーである。暴走スメ列車の迫力、スピード感、アクションという点ではアメリカ映画らしさがでていた、迫力満点である。また、登場人物を絞っていることで、極限に追いつめられた人間ドラマを堪能することが出来るのも良い所である。

尚、本作では「黒澤明が監督を務めていたらどうなった?」ということは必ず言われることである。そして、それに対しては、「人間描写に関してはより良くなっただろう」と言われているのと、「暴走する機関車の迫力は日本映画ではここまで出せなかっただろう」という声だけは面白いように共通していることである。アメリカ映画と言うことで娯楽性をより前面に出した作品にしている本作では、アクションが良くなったという意見から、好意的に受け取られているが、れはこれでいいということでしょうね。ただ、黒澤監督の演出も見てみたかったのも正直なところですが...(おそらく、人間関係の対立を突き詰めて描いていくことになったと思われますが...)

ところで、本作では、ジョン・ボイトがアカデミー主演男優賞に、エリック・ロバーツがアカデミー助演男優賞にノミネートされた(共に受賞はならず)ことは意外と知られていない。(また、この年のアカデミー賞では、監督賞に「乱」で黒澤明監督もノミネートされていたのだが、こちらも受賞はならずでした。)それだけに、本作の人間描写も決して悪くなく、作品的にも高く評価されているということである。(本作の名誉のためにも、この点は忘れないようにしましょう。)

 

暴走機関車 [DVD]

暴走機関車 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

暴走機関車 [DVD]

暴走機関車 [DVD]

  • 出版社/メーカー: IMAGICA
  • メディア: DVD
 

 


DON HENLEY『I CAN'T STAND STILL』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1982年に発表された彼のソロ・デビュー・アルバムである。EAGLESの解散によってソロになった彼であるが、EAGLESとの違いを出すことに労力を費やされることになったが、その工夫が次作以降の傑作アルバムを生むことに繋がっている。本アルバムは、Billboardのアルバム・チャートでは最高位24位を記録して、1983年の年間アルバム・チャートでは73位にランクインするということで、まずまずという結果だった。(ちなみに、カナダでは最高位5位を記録している。)

収録曲は以下の全11曲である。『I Can't Stand Still』『You Better Hang Up』『Long Way Home』『Nobody's Business』『Talking To The Moon』『Dirty Laundry』『Johnny Can't Read』『Them And Us』『La Eile』『Lilah』『The Unclouded Day』。

この中からシングル・カットされたのは全部で4曲である。1st.シングルの『Johnny Can't Read』はBillboardでは最高位42位に留まったが、2nd.シングルの『Dirty Laundry』がBillboardでは最高位3位を記録し、カナダでは1位を獲得、イギリスでは59位を記録する大ヒットになった。3rd.シングルの『You Better Hang Up』はパットせず、4th.シングルとしてアルバム・タイトル・ナンバーの『I Can't Stand Still』がリリースされて、Billboardで最高位48位を記録している。

本アルバムからのお薦め曲は、大ヒットを記録した『Dirty Laundry』とアルバム・タイトル・ナンバーの『I Can't Stand Still』、じっくりと聴かせるバラード系の『Long Way Home』と『Talking To The Moon』、そして、人が変わったのかと思わせた1st.シングルの『Johnny Can't Read』をピックアップしておく。

クオリティとしては、まだ伸びる余地があり、辛うじてアルバムという形に仕上げたという印象があって、完成度と言うことでは高くないのだが、その苦労が次作以降で花開くことに繋がっているのだから、これはこれで有用だったということになる。結局、EAGLESの存在が余りにも大きかったということに尽きるのだが、EAGLESとの違いを出すと言うことでは1st.シングルの『Johnny Can't Read』良かったですね。(本当に彼なの?と最初は感じましたし...)

次作で彼はソロ・シンガーとしても認められることになって、また違った新たな苦悩と直面することになるのだが、少なくとも本アルバムは「EAGLESの呪縛」との戦いで、その呪縛から逃れることに成功した作品と言うことが出来る。EAGLESのサウンドを期待する方には残念という声もあるが、彼がソロ・アーティストとして脱却することになったという意味では良かったと言うことが出来る。それだけに、EAGLESファンにもしっかりとチェックしておいて貰いたいと思うアルバムである。('80'sのウエスト・コースト・サウンドがお好きな方も必聴であるのは言うまでも無い。)

 

I Can't Stand Still

I Can't Stand Still

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1995/02/22
  • メディア: CD


BEST HIT USA 2010[2010/7/20] [音楽(etc.)]

時間の無駄遣いのOP-PVは1991年のRAY CHARLESのライヴで『What'd I Say』、OP挨拶の後「ゲストを紹介します」ということで、THE DRUMSの4人がスタジオに登場。話と『Let's Go Surfing』、「HOT MENU」のコーナーはEMINEMで『Not Afraid』のON AIR、「COUNTDOWN USA」の20位から11位の発表へ移り、CMを挟んでの「STAR OF THE WEEK」はTAIO CRUZ。インタヴューと『Break Your Heart』(名義はTAIO CRUZ featuring LUDACRIS)のON AIR、「C/D USA」の続き(10位から4位の発表)、CMを挟んで「大いなる伝説」というカス・コーナーの連続で、前半はつまらないものでした。

そして、ようやく「TIME MACHINE」のコーナーへ。今回は7/20ということで、以下の3件が紹介されたが、3件では物足りないですね...

1940年:BILLBOARD誌が初のシングル・ヒット・チャートを発表した。最初にNo.1に輝いたのは、FRANK SINATRA & TOMY DORSEY OHCHESTRAの『I'll Never Smile Again』だった、1963年:JAN & DEANの『Surf City』が全米シングル1位を獲得、2週連続の1位となるヒットとなった。(1963年のBillboard年間シングル・チャートでは28位にランクインしている。)、1968年:PAUL McCARTNEYの当時の恋人だった女優のJANE ASHERがBBCテレビの番組でPAULとの婚約解消を発表した。1963年に彼女がBEATLEが対談したことがきっかけで知り合い、交際が始まり、彼女の実家にPAULが下宿して、底を拠点に多くの曲が作られたこともあった。1967/12/25に婚約を発表し、1968/2月と3月に婚前旅行でインドにまで行ったが、PAULの女関係の交友から破局に向かうことになった。

7/20が誕生日のアーティストとして名前が出たのは以下の2人でした。CARLOS SANTANA(1947年生まれ)、TWISTED SISTERのJAY JAY FRENCH(1952年生まれ)。

また、筆者のデータベースに7/20が誕生日として名前のあるアーティストは、JIMMY KENNEDY(1902年生まれ)、CINDY WALKER(1918年生まれ)、MORT GARSON(1924年生まれ)、LOLA ALBRIGHT(1925年生まれ)、SALLY ANN HOWES(1930年生まれ)、BUDDY KNOX(1933年生まれ)、T. G. SHEPPARD(1944年生まれ)、JOHN LODGE(1945年生まれ)、JOHNNY LOUGHREY(1945年生まれ)、KIM CARNES(1945年生まれ)、DAVE EVANS(1953年生まれ)、MARCIA HINES(1953年生まれ)、JEREMY "JEM" FINER(1955年生まれ)、PAUL COOK(1956年生まれ)、MICK MacNEIL(1958年生まれ)、LEE HARRIS(1962年生まれ)、CHRIS CORNELL(1964年生まれ)、AGOT ISIDRO(1966年生まれ)、STONE GOSSARD(1966年生まれ)、COURTNEY TAYLOR-TAYLOR(1967年生まれ)、KOOL G RAP(1968年生まれ)、TOBI VAIL(1969年生まれ)、VITAMIN C(1969年生まれ)、DJ SCREW(1971年生まれ)、OMAR EPPS(1973年生まれ)、PHOFO(1974年生まれ)、SIMON REX(1974年生まれ)、ANDREW STOCKDALE(1976年生まれ)、MIKE KENNERTY(1980年生まれ)、JOHN FRANCIS DALEY(1985年生まれ)、JULIANNE HOUGH(1988年生まれ)、WITWISIT HIRANYAWONGKUL(1989年生まれ)、という人たちです。

一方、7/20が命日として名前のあるアーティストは、ROY HAMILTON(1969年没、享年40歳)、GARY KELLGREN(1977年没、享年38歳)、ARTIE TRAUM(2008年没、享年65歳)、RIA BRIEFFIES(2009年没、享年52歳)、という人たちがいます。

今回は「今はなきRAY CHARLES」ということで、1999年のRAY CHARLESのライヴから『I Got A Woman』でした。(でも、どういう経緯でRAY CHARLESなのか、全く意味不明でした。)「C/D USA」のTOP 3の発表を経て、ラストのリクエストは1982年のDURAN DURAN『Rio』でした。'80's前半の第二次ブリティッシュ・インヴェージョンの旗手として彼らの勢いは凄まじく、一躍スターとなったが、そのサウンドの方は'80's前半らしいものですね。また、PVもMTVが開局して間もない時期でもあって、今見たら層でもないものの、当時は次々とスゴイPVが作られていて、この曲のPVも何かと印象に残るものでしたね。

次回、EPG情報によると、久々のヒット!復活したトレインが初めて日本にやってきた!マイケル隠し子騒動で話題沸騰!確かに煮ていたB.ハワード!ブルース・スプリングスティーン熱唱!とあります。→相変わらず、潰れ彼の三流週刊誌のような文言が並んでいて、訳が分からない...

 

レイ・チャールズ 50周年コンサート [DVD]

レイ・チャールズ 50周年コンサート [DVD]

  • 出版社/メーカー: デジタルサイト
  • メディア: DVD

Ray / レイ 追悼記念BOX [DVD]

Ray / レイ 追悼記念BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD
Drums

Drums

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2010/06/08
  • メディア: CD
Recovery

Recovery

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Aftermath
  • 発売日: 2010/06/21
  • メディア: CD
Rokstarr

Rokstarr

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2009/10/12
  • メディア: CD
Rio (W/Book) (Coll)

Rio (W/Book) (Coll)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 2009/04/27
  • メディア: CD
Rio

Rio

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 2001/05/17
  • メディア: CD

ケータイ刑事銭形雷5話[裏ネタ編]PART 6 [ケータイ刑事]

銭形雷」の第5話「小学生検事vs銭形雷 ~大学教授殺人事件」の「裏ネタ編・増補」は今回限りです。で、今回は、岡野さんとドイル君との間で繰り広げられて事柄から「無能」について、「中傷」について、「ハンディ」について、更にドイルが容疑者にこれを求めた「自白」について、五代さんと同様に岡野さんもドイルに対して行った「不起訴」について記します。

尚、BS-iの本放送時に記した記事は2006/1/30付けで、MBSでの放送時に記した[改訂版]は「ここをクリック」(ここにはBS-i本放送時に記した記事へのリンクもあります。)してご覧下さい。

無能」:能力がないこと、才能がないこと、役に立たないことを言う。また「能なし」と言う場合もある。この物語では、岡野さんと多摩川ドイルが相手を罵るために使っていたので、相手を罵倒する意味、則ち「役立たず」と言うことで使われている。

無能な人のことを「無能者」と言うことがあるが、「無能者」と「無能力者」とでは意味が異なる。「無能者」は「無能な人」という意味であるが、「無能力者」は法律用語であって、法律行為をなしえない人のことを言う。

例えば、未成年者は選挙権がないので、選挙に於いては未成年者は「無能力者」ということになる。(同様に、被選挙権の無い成人も、選挙に立候補すると言うことでは「無能力者」である。)また、心神喪失状態になっている人や、痴呆症によって正常な判断能力を失っている高齢者なども、法律行為をなしえることは出来ないとして「無能力者」に含まれる。

無能力者とされると、ローンで買い物をすることが出来ないというような制限を受けることになるが、これは本人を保護する目的のためであり、トラブルを回避するための保護である。

尚、英語では「Incapable」や「Incompetent」という単語があるが、人をバカにする場合には「No Good」という言い方もある。(「No Good」を頭に付けて、「No Good Person」(無能な人)という言い方が口語では使われる。また、「Person」の所を職業名にすると「無能な○○」という意味になる。)

中傷」:無実のこと、根拠のないことを言って、他人の名誉を傷つけることを言う。英語では「Slander」「Libel」「Defamation」「Scandal」「Smear」などという言い方がある。

尚、「誹謗中傷」という言い方があるが、これは「誹謗」と「中傷」の2つの類義語を並べた言葉である。「誹謗」と「中傷」は、共に「他人の名誉を傷つけること」「悪口を言うこと」という意味であるが、「誹謗」は根拠の有無に関係なく言われるものであるが、「中傷」は根拠のないものであるという違いがある。

ということで、岡野さんとドイルくんの貶し愛は、特に根拠のあるような悪口を言っているのではないだけに、まさに「中傷合戦」ということですね。(部分的には根拠がありそうに思えることも言っていますが...)

ハンディ」:「ハンディキャップ(Handicap)」の省略形である。(「ハンデキャップ」と表記されることもあるが、近年では英単語の発音により近い「ハンディキャップ」という表記が一般的に使われる。よって、省略形としても以前は「ハンデ」と記される場合もあったが、近年ではこれも「ハンディ」と表記するのが一般的になっている。)

競技などで、競技の参加者の間の実力差が明らかに大きい場合、その差を埋めるために、優秀な者に対して付加される負担条件のことである。または、そこから派生して「不利な条件」という意味にも使われる。更に、日常生活で不利な条件となることから、身体的な障害のことを「ハンディキャップ」と言うようにもなった。

競技では、これを設けることで能力に差がある者同士の対戦でも、能力が劣っている者に対しても勝てる可能性を大きくすることで、見る側にも面白くしている。

例えば、競馬の場合では、強い馬は負担重量(斤量)を重くするというハンデキャップ競走があったり、オートレースでは早い選手のスタート地点を後方に移動させることがあったり、ゴルフでは一定の打数のマイナスを実力に応じて付けるネットスコアでの競技を行うものがある。(アマチュアの場合に限られるが...)また、ボクシングでは2人の選手の体重が重い選手のグローブを重くするということがある。また、ゲームの場合では、それぞれに応じて様々なものがあって、将棋の「駒落ち」、囲碁の「置き碁」「逆コミ」などは広く知られているハンディキャップである。

この物語では、ちゃんとドイルの対決に於いて、ちゃんの足を引っ張る存在である岡野さんのことをドイルが言ったものであるが、ちゃんは岡野さんのことをパートナーと思っていて、ハンディとは全く思っていないでけに、これを言われたときの表情が良かったですね。

自白」:自分から白状することである。また、法的には、自己の犯罪事実を肯定する意思表示のこととされている。(また、憲法では、何人も自己に不利益な唯一の証拠が自白である場合は有罪とされない、と規定されている。→有罪とするには、他に犯罪を行ったという自白以外の(客観的な)証拠が必要ということである。)

尚、「白状」とは、自分の犯した罪を申し立てることを指す言葉である。また、そこから拡大されて、(犯罪行為とは関係なく)隠していた事柄を明らかにする、という意味もある。

類義語として「自供」という言葉がある。これも、犯人が自分の犯罪行為を自ら申し立てることであるが、微妙にニュアンスが違っていて、犯人が自ら進んで自分の犯した犯罪行為を述べる場合が「自供」であって、「自白」は相手(取調官)が言う通りに自分が犯した罪を認める場合のことである。よって、「自白」の場合には、事実とは違うことを認める場合も含まれていることになり、これが「冤罪事件」として後々まで尾を引くことになる場合がある。)また、「白状」には、隠していた事実を打ち明けることというニュアンスがあって、隠していた犯罪行為だけでなく、犯罪行為ではない隠していた事実を語る場合にも使われる。(「カミングアウト」は「白状」ということに対応することになる。)

英語では「Confession」と言うが、「Confession」を日本語に訳した場合、「自白」「白状」「告白」と言う意味もある。

不起訴」:検察官による控訴を提起しない処分のことを言う。普通は、控訴されて裁判に掛けられることになるが、不起訴となった場合はそこで終了ということになって、罪には問われない。(無罪ということが確定する。)

また、同様の処理に「起訴猶予」というものがあるが、これは「不起訴処分」の一つである。

不起訴処分とする場合にはいくつかの場合がある。まずは、その事件が訴訟条件を満たしていない場合がある。これには、被疑者死亡の場合、親告罪の場合に告訴が無い場合(告訴取り下げを含む)、公訴時効が成立している場合などがある。また、被疑事件が犯罪の構成要件を満たしていない場合、被疑者が14才未満の場合、被疑者が犯行時に心神喪失状態であったと認定された場合なども不起訴となる。

また、捜査段階でアリバイ成立や、真犯人が検挙されたことなどで、被疑者が犯罪を犯していないと明白になった場合や、犯罪を立証するだけの十分な証拠が得られなかった場合は「証拠不十分」として不起訴となる。

また、刑事訴訟法第248条の規定に従って、起訴猶予処分となった場合も「不起訴」ということになる。

刑事事件の場合、起訴を行うのは検察であるため、起訴/不起訴の判断は検察が行うことになる。よって、小学生検事正である多摩川ドイルも、検挙された犯人を不起訴にすることもある。(当然ながら、捜査資料から公判を維持できるだけの証拠の有無、事件内容などから判断することであるのは言うまでも無い。)単に、気分的なことでは不起訴とすることは出来ない。(そんなことは常識である。)よって、五代さんや岡野さんがドイルに「不起訴にするなよ」と言っているのは、まあ嫌みの一つということでもある。

 

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

↓適当に拾ってみました。

「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある

「上司が無能」で「部下がバカ」なのには理由がある

  • 作者: 可兒 鈴一郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/03/05
  • メディア: 単行本

無能の人

  • 作者: つげ 義春
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 1988/04
  • メディア: 単行本

インターネット上の誹謗中傷と責任

インターネット上の誹謗中傷と責任

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 商事法務
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本

中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)

中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史 (新潮新書)

  • 作者: 有馬 哲夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 新書

ハンディキャップ論 (新書y)

ハンディキャップ論 (新書y)

  • 作者: 佐藤 幹夫
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 新書

生物進化とハンディキャップ原理―性選択と利地行動の謎を解く

生物進化とハンディキャップ原理―性選択と利地行動の謎を解く

  • 作者: アモツ ザハヴィ
  • 出版社/メーカー: 白揚社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 単行本

自白

自白

  • 作者: GACKT
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2003/09/26
  • メディア: 単行本

自白の心理学 (岩波新書)

自白の心理学 (岩波新書)

  • 作者: 浜田 寿美男
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 新書

なぜ無実の人が自白するのか―DNA鑑定は告発する

なぜ無実の人が自白するのか―DNA鑑定は告発する

  • 作者: スティーヴン・A. ドリズィン
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本

不起訴の疑惑―長男の交通事故死から

  • 作者: 森田 尚
  • 出版社/メーカー: 日本図書刊行会
  • 発売日: 1994/04/20
  • メディア: -


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。