SSブログ

「THE THIEF OF BAGDAD」(1924) [映画(洋画)]

表題の作品は1924年の映画「バグダッドの盗賊」である。(表題に製作年の数字を付けているのは、同名タイトルで何度か映画化されているためである。)「アラビアン・ナイト」の物語は余りにも有名であって、これまでにも何度か映画化されている。本作はサイレント時代の作品であるが、D・W・グリフィス監督作品で修業をしたR・ウォルシュ監督が注目されることになった作品でもあり、サイレント時代の名作として知られている作品でもある。

作品データを記しておくと、時間は139分、白黒/サイレント作品である。原作はエルトン・トーマス、監督はラオール・ウォルシュ、脚本はロッタ・ウッズ、撮影はリチャード・ホーラン、P・H・ホイットマン、ケネス・マクリーンの3人である。そして出演は、ダグラス・フェアバンクス、ジュランヌ・ジョンストン、メイ・ウォング、上山草人、南部邦彦、アンナ・メイ・ウォン、ブランドン・ハースト、スニッツ・エドワーズ、チャールズ・ベッハー、ウィンター・ブラッサム、エタ・リー、ハートマン定吉、ノーブル・ジョンソン、チャールズ・スティーヴンス、サム・ベイカー、たちである。

物語は、有名な「アラビアン・ナイト」の物語であり、当時は人気の頂点にいたD・フェアバンクスが持ち味を発揮した作品として仕上がっている。

制作から80年以上の歳月が流れていて、サイレント映画であるだけに、技術的な所は完全に別世界という映画になっているが、作り手の創意工夫や出来る範囲での精一杯の工夫によって、見所満点の作品に仕上がっている。また、サイレント作品であること、白黒作品であるということは特に苦になることはない。こういうサイレント時代の名作は、やはり見ておきたい所である。

物語は、バグダッドの都の美しい姫の婿になろうと、諸国から3人の王子たちがやってくる。姫は武子候補の王子たちに一番珍しい宝物を持ってきた人を婿にすると言い、王子たちの冒険が始まり、冒険活劇が繰り広げられる。姫の婿になるのは果たして???

 

バグダッドの盗賊 [DVD]

バグダッドの盗賊 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィ・シー
  • メディア: DVD


NORTHERN PIKES『SNOW IN JUNE』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1990年に発表された彼らの(メジャー)3枚目のアルバムであり、最もセールスの良かったアルバムである。(と言っても、その規模は小さかったですが...)彼らはカナダ出身のハード系バンドであるが、'80'sには今一つ芽が出ずにいたが、'90'sの声を聞いて発表した本作がようやくということになった。(カナダではそれなりのヒットをしたものの、アメリカでは多少という程度でしたが...)尚、彼らは本アルバムの後、2枚のアルバムを発表し、1993年に一旦解散し、1999年に再結成して現在に至っている。

収録曲は以下の全13曲である。『Dream Away』『Love These Hands』『Kiss Me You Fool』『She Ain't Pretty』『Tomorrow Never Comes』『Shadow Of Doubt』『Shotgun Morning』『Isn't It Lovely』『Unimportant』『Am I In Your Way』『Girl With A Problem』『Green Fields』『Snow In June』。

この中からシングル・カットされたのは全部で4曲である。1st.シングルの『She Ain't Pretty』がカナダで最高位6位、アメリカではBillboardで最高位86位を記録するヒットとなった。(結局、このチャート成績が彼らのキャリア・ハイとなり、アメリカでは唯一のBillboardへのランクイン曲になった。)2nd.シングル以降は全てカナダのみのチャートインで、2nd.の『Girl With A Problem』は最高位8位、3rd.シングルの『Kiss Me You Fool』は最高位12位、4th.シングルの『Dream Away』は最高位47位を記録している。

お薦め曲としては、彼らの代表曲である『She Ain't Pretty』と、シングル曲の『Girl With A Problem』と『Kiss Me You Fool』、それ以外からは『Love These Hands』『Tomorrow Never Comes』『Am I In Your Way』、そしてアルバム・タイトル・ナンバーの『Snow In June』をピックアップしておく。

カナダ出身のハードロック・バンドは、'80'sにいくつかのバンドが世界的にブレイクしていることもあって、フォロワーが結構多くいる。彼らもそういうバンドの一つであるが、ポップな要素も持ち合わせているため、サウンドはとても聴きやすいものである。(ギンギンギラギラというものではない。)分類上はオルタナとされることもある彼らであるが、彼らは「'80'sの主流から外れたロックとしての『オルタナ』」という、このジャンルが生まれた本来の意味でのオルタナ・バンドということになる。→'80'sではメジャー・デビューしているもののセールス的に伸びなかった「非主流のロック・バンド」であり、'90'sの声を聞いて、オルタナのブームに乗ってそこそこのヒットを記録しているということで、これぞ「オルタナ」という教科書に載ることが出来るキャリアを持っているバンドと言うことが出来る。

言葉上、まさに一般的に言われているオルタナ・バンドのキャリアを持っている彼らであるだけに、ここは耳を傾けておくのも良いでしょう。また、ブームに乗ってとはいうものの、それなりのヒットを記録しており、再結成して活動を続けていると言うことは、世界を制覇したようなメジャー・バンドには及ばないものの、十分な音楽的なセンスを持っていることは証明されているので、彼らのサウンドを聴いても時間の無駄になるということはないだけのクオリティはある。

一応、'80'sと'90'sにまたがって音楽史の教科書通りという軌跡を残したバンドのサウンドを聴いてみるのもまた面白い所でもありますよ。

 

Snow in June

Snow in June

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Scotti Bros.
  • 発売日: 1991/07/23
  • メディア: CD


ケータイ刑事銭形雷25話[裏ネタ編]PART 7 [ケータイ刑事]

銭形雷」の第25話の「さよなら、トミー! ~ひょっこりひょう多もん島殺人事件(前編)」についての「裏ネタ編・増補」は今回限りです。で、ひょっこりひょう多もん島にくる交通機関はこれということで「フェリー」について、その船はここから出ていると言うことで「竹芝桟橋」について、「」について、裕太はこれで襲われたと言うことから「鉄パイプ」について記します。尚、「港」については「・26話(2nd.13話)[裏ネタ編]PART 6」で「船着場」として記したものをベースにして加筆しました。

また、BS-iの本放送時に記した記事は2006/6/18付けで、MBSでの放送時に記した[改訂版]は「ここをクリック」(ここにはBS-i本放送時に記した記事へのリンクもあります。)してご覧下さい。

フェリー」:乗客と共に車両(鉄道車両や自動車)を輸送する船のことである。本来は「フェリーボート」と言うが、その省略形である「フェリー」というのが一般的になっている。

元々の意味は「渡し船」であるが、旅客だけを運ぶ「渡し船」ではなくて、車を含めた貨物も同時に運ぶ「渡し船」と言う意味である。が、交通手段として利用する者として車が一般的であるため、車を運ぶ旅客船として「カー・フェリー」と呼ばれるようになり、そこから「カー」が省略されて「フェリー」と呼ばれるようになった。

また、鉄道車両を運ぶフェリーもあるが、日本では現在は広島の宮島航路のみで、それ以外は全て廃止されている。(青函連絡船や関森航路の用にトンネルの完成によっての廃止、宇高連絡船などのように橋の開通による廃止などで廃止されていった。)外国でも同様に以前と比べると廃止されている所が多いが、欧州では航路が現在でも結構残っている。

尚、カー・フェリーの利用は、車が無くても利用が可能であるのは言うまでも無い。また、自動車で無くても、バイクや自転車などの二輪車でも問題ない。また、車だけを運ぶというサービスも一部の航路では行われている。(この場合は、人は鉄道や飛行機など別の交通手段で移動することになるが、船に比べて移動時間が短くて済むため、人の移動時間の節約が可能となる。)

英語では「Ferryboat」または「Ferry」と言い、ドイツ語では「Fährschiff」または「Fähre」、フランス語では「Ferry」または「Ferry-Boat」(共に英語とは発音は異なる。)、イタリア語では「Traghetto」、スペイン語では「Transbordador」、中国語では「渡輪」または「渡船」と言う。

竹芝桟橋」:日本の主要港である東京港にある埠頭の一つである。東京港は様々なものを扱っているが、その中でも主に旅客船のターミナルとして使用されている埠頭である。(東京港の旅客埠頭ということでは、晴海埠頭と共に有名である。)

主に、伊豆諸島や小笠原諸島への船のターミナルとなっており、それらの島々に向かうフェリーや貨物船が使用している。

尚、東京港の「竹芝埠頭」であるが、港湾施設は複数あり、その中でも「竹芝旅客ターミナル」のことを説くに「竹芝桟橋」と言っている。

ということから、劇中では「東京都」としか語られていないひょっこりひょう多もん島は伊豆諸島か小笠原諸島にあると考えて良いでしょうね。

」:元々の意味は、河、海などの水の出入り口のこと、または海流、河流、潮の満ち引きによって生じた入江、内湖、砂州、潟などのことである。が、その地形を利用して船が安全に停泊できるような施設が作られていったことから、その港湾施設のことを指すようになった。現在では、船が停泊することが出来る港湾施設のことが第一意になっている。

一般的には「港」という感じが使用されているが、「湊」と言う漢字表記もある。また、別の言い方としては「船着場」「船がかり」「波止場」「桟橋」「乗船所」という言い方もある。

特に、交通機関としての船(フェリー、水上バスなど)が停泊することが出来る場所と言うことでは「船着場」と呼ばれることもよくある。但し、時代劇に船が出てくると、「港/湊」と呼ばずに「船着場」と呼ばれていることが多いため、「船着場」というとイメージ的に小型の船が停泊する場所というようになっていて、「港」と言うと外洋を航行する大型船が停泊するというイメージがあるが、言葉上は停泊する船の大きさには関係しない。また、「港」と言うと、荷物の積み卸しをするための大がかりな港湾施設を伴っているとか、外洋で取ってきた魚を水揚げし、側に魚市場があるというようなイメージがあるが、何らかの港湾施設は船が停泊する場所には必要であり、港湾施設の種類によって区別されるものでもない。

港は、その港が果たしている機能的な側面によって、商港、工業港、漁港、フェリー港、マリーナ、軍港、避難港などに分類される。

英語では「Port」「Harbor」「Wharf」「Pier」「ferry」などの言い方があって、港の機能的なことからこれらの呼び名が変わることになる。(但し、総称的な言い方をする場合は「Port」と言う。)また、ドイツ語では「Hafen」、フランス語では「Port」(英語の「Port」と発音は異なる。)、イタリア語では「Porto」、スペイン語では「Puerto」、中国語では「港」と言う。

鉄パイプ」:鉄製の管の総称ことである。当然のことながら、用途に応じて、径の大きいものから小さいものまで様々である。液体、気体、粉末などの流体を通すための配管として使用されたり、工事用の足場を組むために使用されるものである。(但し、現在では流体を通す管としては、ポリ塩化ビニル製のものやステンレス、コンクリート(土管を含む)の方が主流になっていて、鉄製のものは少なくなっている。→錆るということもあって、一時は水道管に使われていたが、それらも他の素材のものに変えられているのが現状である。)

現在は、工事現場で足場を組むのに使われることが多いが、ここにもやはりテツたと錆びるということで、表面をメッキ処理してあるものが主流である。(一部にはステンレス製であって、鉄製ではないものもある。(足板はアルミ製の場合もある。))

また、家庭用では、組み立て式の室内設置棚や鉢植え置き場などの棚として、身近な所にもあるものになっている。(そのため、ホームセンターなどで購入できる。)

刑事ドラマなどのミステリーの世界で「鉄パイプ」と言うと、人を殴るのに使われる凶器の代表的なものになっている。(特に、工事現場から拝借してきて、ということが多が、最近では家庭用の棚に使用されていることから、ホームセンターで購入ということで、一般的に購入できる凶器の代表的なものになっている。)尚、工事現場で使用される足場用の鉄パイプは、ある程度の長さがあるものであり、人を殴打すると殺傷可能なものであるため、これを(工事現場以外の場所で)持っていると凶器を持っていると見なされることがあり、複数の人間が持って集まっていたら、凶器準備集合罪によって逮捕される可能性もある。

また、ホームセンターで入手可能ということで、テロリストがこれに火薬を詰めて爆弾を作るのに利用されている。

英語では「Iron pipe」、ドイツ語では「Eiserne Leitung」、フランス語では「Pipe du Fer」、イタリア語では「Tubo di Ferro」、スペイン語「Cañería Férrica」、中国語では「鐵管」と言う。

 

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

にっぽん全国たのしい船旅 2010-2011 (イカロス・ムック)

にっぽん全国たのしい船旅 2010-2011 (イカロス・ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2010/06/30
  • メディア: ムック

フェリーボートで行こう!―スロー・トラベル

フェリーボートで行こう!―スロー・トラベル

  • 作者: カベルナリア吉田
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本

フェリー活用読本―気軽に楽しむ船旅ガイド

フェリー活用読本―気軽に楽しむ船旅ガイド

  • 作者: 谷川 一巳
  • 出版社/メーカー: 中央書院
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本

トミカワールド フェリーボートDX

トミカワールド フェリーボートDX

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ビジュアル図解 まるごと!船と港 (DO BOOKS)

ビジュアル図解 まるごと!船と港 (DO BOOKS)

  • 作者: 森 隆行
  • 出版社/メーカー: 同文舘出版
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本

みんなが知りたい船の疑問100  船の増築!?「ジャンボ化工事」とは? なぜ台風なのに港をでる船がいる? (サイエンス・アイ新書)

みんなが知りたい船の疑問100  船の増築!?「ジャンボ化工事」とは? なぜ台風なのに港をでる船がいる? (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 池田 良穂
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2010/08/19
  • メディア: 新書

郊外学習 くらしをまもる・くらしをささえる〈16〉港・船

郊外学習 くらしをまもる・くらしをささえる〈16〉港・船

  • 作者: 秋山 滋
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 大型本

港湾知識のABC

港湾知識のABC

  • 作者: 池田 宗雄
  • 出版社/メーカー: 成山堂書店
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 単行本

港湾荷役のQ&A

港湾荷役のQ&A

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成山堂書店
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本

港湾知識のABC

港湾知識のABC

  • 作者: 池田 宗雄
  • 出版社/メーカー: 成山堂書店
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本

鉄パイプ 60.5×2.3mm 約長さ1085mm

鉄パイプ 60.5×2.3mm 約長さ1085mm

  • 出版社/メーカー: JIS品
  • メディア:


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。