SSブログ

「UTZ」 [映画(洋画)]

表題の作品は1992年のイギリス、イタリア、ドイツの合作映画「マイセン幻影」である。日本での劇場公開は1993年8月であった。世界中に知られているドイツ陶磁器のマイセンであるが、本作はそのマイセンに魅せられた男の人間ドラマである。ドラマとしてだけでなく、劇中に登場する陶磁器の方も見所となっている作品でもある。

作品データを記しておくと、時間は99分、原作はブルース・チャトウィン、監督はジョルジュ・シュルイツァー、脚本はヒュー・ホイットモア、撮影はゲラルト・ヴァンデンベルグ、音楽はニコラ・ピオヴァーニである。そして出演は、アーミン・ミューラー・スタール、ブレンダ・フリッカー、ピーター・リーガート、ポール・スコフィールド、ミリアム・カーリン、クリスチャン・ミューラー・スタール、キャロライン・ガスリー、ポリーン・メルヴィル、たちである。

時は1980年のプラハ。ドイツ生まれの伯爵であるウッツは、現在はメイドのマルタと共に小さなアパート暮らしをしている老紳士である。オークション会場でマイセンの人形を競り合ったウッツは、ニューヨークの古美術商のフィッシャーと知り合う。5歳の時に祖母の城でマイセンと出会い、その魅力に取り憑かれたウッツは数多くのコレクションを持っており、フィッシャーはウッツの情熱を知り、いずれウッツのコレクションを魅せて貰うために訪ねると約束をした。

1985年、ウッツの元を訪ねたフィッシャーは、国立博物館の学者で、以前はマンモスの研究をしていて、今は家バエの研究をしているというオーリック博士を紹介された。そしてウッツの家では1000点にも及ぶマイセンのコレクションを見せられた。が、そのコレクションには全て国立博物館のラベルが貼られていた。ウッツはフィッシャーに、国から監視されていることなどを話し、フィッシャーはスイスに移住することを勧めたが、コレクションを捨てられないとウッツは言うだけで、移住の話を断るのだった。

1989年、ウッツが心臓発作で倒れたということをオーリック博士から知らされたフィッシャーは、ウッツがマイセンを売るのはここしかないと考え、プラハに飛んだ。が、一足遅く、ウッツは既に亡くなったと知らされた。マイセンのことが気になったフィッシャーは、ウッツのアパートに行くが、そこにマイセンのコレクションは無かった、というのは、ウッツがマルタに頼み、彼の死の間際に、コレクションのマイセンは全て粉々に壊されたのだった。そしてウッツはコレクションと共に旅立ったのだった...

本作でアーミン・ミューラー・スタールはベルリン国際映画祭で男優賞を獲得しているが、その渋い演技に浸るというのも面白い所である。(人間ドラマとしてはなかなか味がありますし...)

作品としては派手な所は無いのだが、劇中に登場するマイセンを見るということだけでも価値のある作品である。

時には物語を追っていくのではなく、劇中に登場する小物を目的として、映画を見るというをしても宜しいかと...ただ、本作もLDではリリースされていたが、DVD化されていないので、見ようと思ってもちょっと苦労しますが...

 

↓ビデオとLDです。

マイセン幻影 [VHS]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: VHS

 

Utz [VHS] [Import]

Utz [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: First Run Features
  • メディア: VHS

マイセン幻影〈ワイド〉 [Laser Disc]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: Laser Disc

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「UP IN ARMS」 [映画(洋画)]

表題の作品は1944年のアメリカ映画「ダニー・ケイの新兵さん」である。日本での劇場公開は1955年3月になってからである。(1944年と言えば、太平洋戦争の真っ直中であった。)数多くのミュージカル作品に出演しているD・ケイであるが、本作はそんな彼の本格的なスクリーン・デビュー作である。(それ以前は端役での出演ばかりである。)内容的にはミュージカル・コメディである。

作品データを記しておくと、時間は106分、原案はオーウェン・デイヴィス・Sr.、監督はエリオット・ニュージェント、脚本はドン・ハートマン、アレン・ボレッツ、ロバート・ピロッシュの3人、撮影はレイ・レナハン、振付けはダニー・デア、音楽はレイ・ハインドーフとルイス・フォーブスである。そして出演は、ダニー・ケイ、ダイナ・ショア、ダナ・アンドリュース、コンスタンス・ドーリング、ルイス・カルハーン、ライル・タルボット、マーガレット・デュモント、エライシャ・クック・Jr.、ヴァージニア・メイヨ、ジョージ・マシューズ、ベニー・ベイカー、ウォルター・カトレット、ジョージ・ミーカー、リチャード・パワーズ、ドナルド・ディクソン、チャールズ・アーント、チャールズ・ハルトン、トム・デューガン、シグ・アーノ、ハリー・ヘイデン、チャールズ・D・ブラウン、モーリス・カス、フレッド・エスラー、たちである。

1943年、ニューヨークの徴兵委員会は、病気恐怖症の変わっている男・ダニーの召集を決定した。ダニーは親友のジョーとアパートで同居していて、看護婦のヴァージニアとメアリーと親しくしていた。特にダニーはメアリーのことが気になっていたが、ジョーとメアリーは特に親しい関係だった。召集されることを知ったダニーは落ち込み、ジョーが身替わりになろうとして志信海に交渉に行くが、ジョーも召集されることが決まっており、2人は揃って入隊した。新兵訓練が終わり、2人は兵士として配属されるが、その隊に2人の注意が赴任してきた。それがヴァージニアとメアリーということで、ダニーの気持ちはその気になる。そんな所に、出動命令が出て、メアリー以外は全て出動することになるが、メアリーも出航する船に乗ってしまった。ダニーとジョーは、メアリーを匿うが、連隊長に発見されてしまい、ダニーは営倉入りとなってしまう。これにヴァージニアが助け船を出し、釈放された。前線でダニーは、乱暴な連中にからかわれ、のされてしまう。気がついた時には狂人として南の小島の営倉に入れられていた。そこを何とか脱出したダニーだったが、部隊では行方不明と伝えられることになる。ダニーは逃げる途中で敵と遭遇するが、敵をやっつける大手柄を挙げて、部隊に戻ってきたのだった。

内容的にはコメディであるが、本作はミュージカル作品であるということで、注目すべきは歌である。明るく楽しくというところ、更に軍での活躍を描いているのは戦時中の作品ならではで、戦意昂揚のためというのがあるのは四方のない所である。が、D・ケイの得意の早口や歌という魅力を堪能する作品でもあり、娯楽作品ということではこういう作品もありですね。

尚、本作はD・ケイのデビュー作として扱われているが、ソフト化ということでは現在は冷遇されている。かつてLDでリリースされていたのだが、DVD化はされていない作品の一つである。

 

↓輸入版のビデオです。

Up in Arms [VHS] [Import]

Up in Arms [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Hbo Home Video
  • メディア: VHS


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

PAUL JANZ『HIGH STRUNG』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1985年に発表された彼のソロ・デビュー・アルバムである。ソロ・デビューする前はDELIVERANCEというバンドで音楽活動を始め、本国カナダではそれなりのヒットも放っていた。1981年にバンドを解散した後、欧州でキャリアを積み、そしてソロとして新たな船出となったのが本アルバムである。ただ、本国カナダでの活動ということで世界的にはブレイクすることはなかったのだが、カナダ出身のミュージシャンたちも世界的にブレイクした人が何人かいた当時、それに続く可能性を持った存在でもあった。

収録曲は以下の全10曲である。『High Strung』『Don't Cry Tonight』『Close My Eyes』『Solid Ground』『All I Have』『Go To Pieces』『Suggestions Of Love』『Cover To Cover』『Right From The Start』『Waiting』。

この中からシングル・カットされたのは全部で4曲である。1st.シングルの『Go To Pieces』はカナダで最高位29位を記録している。2nd.シングルの『Don't Cry Tonight』はチャートインしていないが、3rd.シングルの『High Strung』はカナダで最高位85位、4th.シングルの『Close My Eyes』はカナダで最高位94位を記録している。(いずれもがカナダでのヒットのみである。)

お薦め曲は、シングル・ヒットを記録している『Go To Pieces』と、アルバム・タイトル・ナンバーでもあるシングル曲の『High Strung』、同じくシングル曲の『Cover To Cover』、それ以外からは『Close My Eyes』と『Suggestions Of Love』をピックアップしておく。

サウンドの方はA.O.R.と言うことの出来るポップなものであり、とても聴きやすいものである。但し、'80's初頭のA.O.R.ブームの時のA.O.R.よりもポップになっており、'80'sサウンドらしさが色濃くなっている。

ボーカルものがお好きな方であれば、特に拒否反応することなく受け入れられるものであるが、'80's中期という時期のサウンドとしては、バラード・ブームの影響もあって、特にこれと言った特徴が出ずに隠れた存在になっているのが惜しまれるところである。(少なくとも2、3年早ければ...、と感じられる所である。)とは言っても、リリースから四半世紀が流れている現在では、'80'sらしいサウンドということで、じっくりと聴くのも宜しいかと...

 

High Strung

High Strung

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Escape
  • 発売日: 2004/08/23
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケータイ刑事銭形零13話[裏ネタ編]PART 2 [ケータイ刑事]

今回からの「銭形零・裏ネタ編」の増補作業は1st.シリーズの最後の物語である第13話の「バーボン刑事、死す?! ~無差別連続爆破事件」に突入です。今回はサブタイトルにある言葉から「無差別」について、「連続」について、「爆破」について、そして高村さんのニックネームでもある「バーボン」について記します。尚、「無差別」については「・26話(2nd.13話)[裏ネタ編]PART 10」で、「バーボン」については「・19話(2nd.6話)[裏ネタ編]PART 4」で記した者をベースにして、それぞれ加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事(BS-i(当時)の再放送時に記した[改訂版])は「ここをクリック」してご覧下さい。(この物語についての過去に記した裏ネタ編は2008/3/13日付です。)

無差別」:わけへだてて扱わないこと、差を付けて扱わないこと、特定のものだけを特別扱いしないこと、平等に扱うことを言う。類義語として「無作為」という言葉がある。「無作為」は自然のままに、という意味合いであるが、「無差別」は人が意識して区別することをしないという意味合いであり、人が行う者が「無差別」ということになる。そのため、乱数として発生させる数字、抽選を機械的に行う場合は「無作為」という言葉が使われるのが一般的である。

爆撃などの場合に「無差別爆撃」と言われるが、これは爆撃場所を軍事的な施設と民間人施設とを区別せずに爆撃を行うことを言う。「無差別大量殺人」は特に誰を殺害するのかを定めずに、(たまたまその場にいた人など)たくさんの人を殺害することを言い、「無差別テロ」は敵視している組織関係施設やその組織の人、その組織とは全く無関係な民間人とを区別せずに行うテロリズムである。これらは、その行為を行う人から見れば、「対象は誰でも良く、たまたまその場に居合わせた人が巻き込まれただけ」ということになる。→「無差別」犯罪にはいつ巻き込まれるのか分からないだけに、恐ろしいところである。

一方、スポーツの世界でも「無差別」という言葉が使われる。スポーツにはルールがあるが、スポーツに於ける「無差別」とは、出場資格に関する規定(体重別で行われる競技(柔道、ボクシング、レスリング、etc.)などが該当する。)がある競技に於いて、その規定を取っ払い、誰でも出場することが出来るようにした階級の試合のこと言うのが一般的である。(「無差別級」と呼ばれ、柔道がこのクラスを用いている。(ボクシングでは「スーパーヘビー級」が体重の上限が無いので「無差別級」に相当する。)尚、柔道の「無差別級」には体重別で最も重量級の選手、若しくは最重量級の体重を超えている選手が出場するのが一般的であるが、規定では軽量級の選手が出場しても全く問題はない。しかし、体重が重い方が有利とされているため、軽量級の選手が無差別級に出場するということは、よほどの卓越した技量を持っていないとあり得ないでしょうね...)→体重別の階級が定められている柔道、ボクシング、レスリングなどは、体重がそのまま武器になるため、その差を出来るだけ無くすために細かく体重別に階級が分けられている。特にボクシングのパンチでは、体重差がそのまま破壊力の差になり、軽量級の選手とヘビー級の選手とのパンチ力の差は余りにも大きい。

英語では「Indiscrimination」と言い、「無差別に」という言葉は「Indiscriminate」と言う。(例えば「無差別大量殺人」のことを「Indiscriminate Slaughter」、「無差別テロ」のことを「Indiscriminate Terrorism」と言う。)また、ドイツ語では「Kritiklosigkeit」、フランス語では「Manque de Discernement」、イタリア語では「Indiscriminato」、スペイン語では「Indistinto」、中国語では「無差別」と言う。

連続」:物事が連なっていること、続いていること、連なって続くこと、切れずに繋がっていることを言う。また、数学の世界では関数の連続という概念が定義されていて、関数f(x)に於いて、x→a極限値が存在し、かつその極限値がf(a)と等しい場合、f(x)はaで連続である、という。
簡単に言うと、「切れずに繋がっていること」ということになるが、テレビ番組の場合は時間的にずっと続いているものでなくても、毎週、若しくは毎日(ウイークデーのみというものも含む)決まった時間に放送される番組のことを連続番組と言う。(特にドラマの場合は1回きりのものと区別して「連続ドラマ」と言う。)

英語では「Continuousness」、ドイツ語では「Fortsetzung」、フランス語では「Continuation」、イタリア語では「Continuazione」、スペイン語では「Continuación」、中国語では「連續」と言う。

爆破」:火薬、爆薬を用い、それを爆発させる衝撃で物を破壊することである。破壊対象となるものは、人工的に作られたもの(建造物、工業製品など)や自然のもの(山、岩場など)がある。また、鉱山では採掘のために行われている。尚、建造物の解体作業を行う場合、アメリカでは爆破解体を行うことがある。更に、テロリズムでも爆破は行われている。(自爆テロを含む。)

鉱山での爆破や建造物の解体というような平和利用の爆破があるものの、一般的に「爆破」というとテロリズムの一つの破壊事件として認識されている。実際、これまでにも数多くの爆破事件が起こっていて、その巻き添えになって多くの人名が失われている。(許されざる犯罪である。)

英語では「Blast」と言うが、ン贓物の爆破解体の場合は「Demolition」と言って区別されている。ドイツ語では「Explosion」、フランス語では「Souffle」、イタリア語では「Colpo di Vento」、スペイン語では「Explosión」、中国語では「爆破」と言う。

この物語のサブタイトルにある「無差別連続爆破事件」(この物語では連続3件の爆破事件が起こっていて、4件目を阻止したということになっていました。)となると、特定の対象者を狙うのではなく、兎に角、手当たり次第に次々と爆破事件を繰り返し行うということになる。町の破壊ということでは戦争時に次々と爆撃を行う行為と等しいと言って良いことになる。しかし、劇中の3件の爆破事件の被害規模について語られていないこと、4件目の高村さんが阻止した爆弾ま大きさを考えると、それほど大きな被害は出ていないように感じられてしまうが、これがこの物語に於ける中途半端な所でもある。→と言っても、犯行の悪質度と言うことでは「無差別連続」ということで、非常にタチの悪いものであることに代わりはないですが...

バーボン」:「バーボン・ウイスキー(Baurbon Whiskey)」または「ケンタッキー・ウイスキー」のことであり、「バーボン・ウイスキー」の省略した言い方である。(「ウイスキー」と呼ばれていることから分かるように蒸留酒である。)主な生産地はアメリカ・ケンタッキー州であって、アーリータイムズ、ワイルドターキー、フォア・ローゼズ、などの銘柄が知られている。

主原料はトウモロコシであって、51~80%の範囲がトウモロコシである。それ以外の部分はライ麦、小麦、大麦などの穀物が使われる。原料の穀物を麦芽によって糖化させ、酵母によってアルコール発酵させ、それを蒸留させる。その後、内部を焦がしたホワイトオークの樽に詰めて数年間(2年以上が一般的である)熟成させることによって完成となる。尚、色が茶色になるのは、焦げたオークの色が移ることによるものであり、同時に匂いも移ることになる。そしてこの色と匂いがバーボンの独特の風味を出すことになっている。

尚、トウモロコシの原料の割合が51~80%の場合は「バーボン」と呼ばれるが、80%以上がトウモロコシになると「コーン・ウイスキー」と呼ばれるようになって、「バーボン」とは別物として扱われる。また、バーボンのアルコール度数は40%以上ということが義務づけられている。

また、熟成させた樽のバーボンを他の樽のものとブレンドせずに瓶詰めしたものを「シングル・バレル・バーボン」と呼び、複数の樽(5~10種類程度の樽を用いるのが一般的である。)のバーボンをブレンドしたものを「スモール・バッチ・バーボン」と呼び、それぞれ区別している。

歴史は比較的新しく、18世紀終盤(アメリカの独立後)になって作られるようになった酒である。また、「バーボン」と言う名前の由来は、ケンタッキー州のバーボン郡という地方で生産されたことから、その産地名である「バーボン」がそのままウイスキー(蒸留酒)の名前として定着することになったものである。

英語では「Bourbon Whiskey」と言うが、略した場合は「Bourbon」と言う。また、ドイツ語では「Bourbonenwhiskey」、フランス語、イタリア語では「Bourbon」(出し、発音は異なる。)と言い、スペイン語では英語と同じく「Bourbon Whiskey」と言い、中国語では「波本威士忌」(音を当てはめただけであるため、漢字の意味を考えると笑ってしまいますね...)という。

 

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

無差別殺人の精神分析 (新潮選書)

無差別殺人の精神分析 (新潮選書)

  • 作者: 片田 珠美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本
「誰でもよかった」無差別殺傷になぜ走る―希薄な人間関係にもがく「青少年」たち

「誰でもよかった」無差別殺傷になぜ走る―希薄な人間関係にもがく「青少年」たち

  • 作者: 影山 任佐
  • 出版社/メーカー: ごま書房新社VM
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本
新幹線大爆破 (論創海外ミステリ)

新幹線大爆破 (論創海外ミステリ)

  • 作者: ジョゼフ ランス
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2010/07
  • メディア: 単行本
バーボン・ストリート (新潮文庫)

バーボン・ストリート (新潮文庫)

  • 作者: 沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1989/05
  • メディア: 文庫
ケンタッキー・バーボン紀行

ケンタッキー・バーボン紀行

  • 作者: 東 理夫
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 1997/07
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。