SSブログ

「LE CRIME ET SES PLAISIRS」 [映画(洋画)]

表題の作品は1964年のフランス映画「危険がいっぱい」(英語タイトルは「THE LOVE CAGE」である。)で、日本では1964年6月に劇場公開された作品である。ルネ・クレマン監督、A・ドロン主演という「太陽がいっぱい」のコンビによるコメディ調のサスペンス作品である。(「太陽がいっぱい」とは、作風が全く違っている。)

作品データを記しておくと、時間は103分、監督はルネ・クレマン、脚本はルネ・クレマン、パスカル・ジャルダン、チャールズ・ウィリアムズの3人、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はラロ・シフリンである。そして出演は、アラン・ドロン、ジェーン・フォンダ、ローラ・オルブライト、アンドレ・オウマンスキー、オリヴィエ・デスパ、カール・ステューダー、ソレル・ブルック、ニック・デル・ネグロ、たちである。

いかさまカード師のマークは、休暇をあるホテルで過していた。そんな彼は、ある日4人のアメリカのギャングに連れ去られた。というのは、マークがボスの妻君に近づきすぎたためだった。が、マークは何とか逃げだして、救世軍施設に駆け込んだ。しかし、ギャングは直ぐにその情報も掴んだ。マークは逃げ延びるために、たまたま施設を訪れていて、食物を施すアメリカ未亡人のバーバラの運転手として雇ってもらい、未亡人の別荘に住み込みで入った。ところがこの家には、未亡人彼女の従姉妹・メリンダと、秘密の部屋に住むバーバラの愛人・ビンセントもいた。未亡人がマークを雇ったのは、実は殺人犯であるビンセントと逃げるために必要となるパスポートを手に入れるためだった。一方、メリンダはマークを深く愛したが、マークはバーバラに強い想いを寄せていて、バーバラとこの家から逃げようと考えていた。そんなことを知ったメリンダは2人の仲を裂こうとして、ニセの電報を打った。それはバーバラが裏切る内容のもので、マークはその電報を見て激怒し、バーバラを激しく責めた。バーバラはそれを逃れようとして秘密の廊下に入った。そのやりとりを盗み聞きしていたビンセントは、バーバラを殺してしまい、続いてマークを狙ってきた。運転手の格好をしてマークに迫ってくるビンセント。銃声が轟き、1人が倒れた。が、それはビンセントだった。マークを折っていたギャングが、ビンセントをマークと間違えて射殺したのだった。で、マークとメリンダは2つの死体を処分しようとするが、メリンダの策略にハマり、マークは殺人犯として手配されることになり、別荘の秘密の部屋に身を潜め、メリンダに囲われる秘密の部屋の住人になるしかなかった...

サスペンス仕立てであるが、コメディ・タッチの演出が緊張感を完全に無くしてしまっている。試みは面白いのだが、結局そこが本作の辛いところでもあって、笑うに笑えない作品になっている。ラストの展開などはなかなか面白いのだが、緊張感がないので、「あっ、そう」的になってしまうのが残念なところである。(緊張感があってストーリーが進んでいくと、結構シニカルに感じられるでしょうし...)

また、本作はサスペンスということを楽しむよりも、A・ドロンとJ・フォンダの美男美女の動く写真集というつもりで見るのが宜しいかと...

 

危険がいっぱい [DVD]

危険がいっぱい [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「COURS DU SOIR」 [映画(洋画)]

表題の作品は1967年のフランス映画「ぼくの伯父さんの授業」である。J・タチの一連のユロ伯父さんのコメディ・シリーズの1本である。(本作は30分弱の短編である。)日本では長年にわたって劇場公開されなかったが、1995年10月になってようやく劇場公開された作品である。尚、本作は同年の「プレイタイム」という作品の合間に撮影された作品でもある。

作品データを記しておくと、時間は27分、監督はニコラス・リボフスキー、脚本はジャック・タチ、撮影はジャン・バダル、音楽はレオ・プチである。そして出演は、ジャック・タチ、マルク・モンジュ、たちである。

パントマイムの先生であるユロ伯父さんが「プレイタイム」の他の出演者たちにパントマイムを教える、というものである。それをコメディ・タッチで描いている。

J・タチが得意のパントマイムを披露することになるのだが、その内容が色々とあって、たっぷりと笑わせてくれる。特に、階段に躓くというのは傑作である。その他にも、乗馬をする、テニスをする、タバコを吸うというパントマイムが見られる。

コメディ作品という位置づけが出来る作品であるが、同時に「パントマイム」を楽しむ作品でもあり、「パントマイム」を学ぼうと思う方には教材にも成る作品ということで、これはこれでいいんじゃないですか。(元々映画「プレイタイム」の撮影中に生まれたちょっとしたことから出来た作品ですし...)

 

ジャック・タチの世界 DVD-BOX

ジャック・タチの世界 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

プレイタイム [DVD]

プレイタイム [DVD]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD
プレイタイム ( 新世紀修復版 ) [DVD]

プレイタイム ( 新世紀修復版 ) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

DAVE MASON『LET IT FLOW』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1977年に発表された彼の7枚目のスタジオ・アルバムである。UK出身のシンガーソングライターであり、フォーク調からサイケデリックなサウンド、更にポップなものまでし幅広いジャンルのサウンドを聴かせる彼が放った最大のヒット・シングルを含むアルバムである。(但し、アルバムの方は特に大ヒットした訳ではない。)

収録曲は以下の全10曲である。『So High (Rock Me Baby And Roll Me Away)』『We Just Disagree』『Mystic Traveler』『Spend Your Life With Me』『Takin' The Time To Find』『Let It Go, Let It Flow』『Then It's Alright』『Seasons』『You Just Have To Wait Now』『What Do We Got Here?』。

この中からシングル・カットされたのは3曲である。1st.シングルの『So High (Rock Me Baby And Roll Me Away)』はBillboardで最高位89位を記録している。そして2nd.シングルが彼の最大のヒット・シングルとなった曲であって、『We Just Disagree』である。(1993年にカントリー・シンガーのBILLY DEANがカヴァーしてヒットしたことでも知られている曲である。)この曲はBillboardで最高位12位を記録している。(彼の唯一のTOP 20入りを果たした曲である。)そして、3rd.シングルの『Mystic Traveler』はチャートインしていない。

お薦め曲は、彼の代表曲である『We Just Disagree』と、シングル曲の『So High (Rock Me Baby And Roll Me Away)』と『Mystic Traveler』、更に『Let It Go, Let It Flow』と『Seasons』をピックアップしておく。

本アルバムのサウンドはカントリーをベースとしたポップなテイストと、フォーク・ロックとをバランス良く融合させたものである。派手さは無いが、メロディラインの美しさ、聴きやすい親しみやすさがある。また、彼のボーカルも味が合って、聴かせてくれている。

じっくりと聴けば味が出てくるシンガーであり、本アルバムはじっくりと堪能することで良さが分かってくるものである。じっくりと彼のボーカルに浸るというのが宜しいかと...

 

Let It Flow

Let It Flow

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.
  • 発売日: 1990/08/21
  • メディア: CD

流れるままに(紙ジャケット仕様)

流れるままに(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケータイ刑事銭形愛9話[裏ネタ編]PART 5 [ケータイ刑事]

今回からの「銭形愛・裏ネタ編」の増補は第9話の「歯で弾丸を受け止める男 ~ネタバレマジシャン殺人事件」に突入です。(以前にPART 4まで記しているので、PART 5からということになります。)で、サブタイトルにある言葉から、「」について、「弾丸」について、「ネタバレ」について、「マジシャン」について記します。尚、「弾丸」は「・9話[裏ネタ編]PART 1」で、「マジシャン」は「・7話[裏ネタ編]PART 7」で「手品師」として記したものをベースにして、それぞれ加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事は「ここをクリック」してご覧下さい。また、この物語に対する過去に記した裏ネタ編は2009/3/3、5、6、7付です。

」:鳥類を除いた脊椎動物の口腔内にあり、摂取した食物をかみ砕いたり、攻撃又は防御の貯めにも使用される器官である。また、その動物の体組織の中では最も固い部位である。尚、無脊椎動物の一部にも「歯」と呼ばれる器官を有しているものがいるが、脊椎動物の口腔内にあるものとは起源が異なっているため、区別されている。

また、哺乳類では特に発達している器官であって、人間の場合は、言語の発音・発生にも関与している器官でもある。また、一本一本の歯の形は人それぞれであることから、法医学の世界では個人を特定するのにも歯の形が利用される。(特に、身元不明の遺体、白骨化した遺体の場合は、身元確認の重要な資料となる。)

主部は象牙質であり、表面の露出部はエナメル質である。また、土台となる歯茎の中にはセメント質で遮られている。

動物によって、一生の間で一組の歯が成長し続けるもの(鼠など)、人間のように幼少期の歯と成長してからの二組の歯を持つ動物、2週間程度の周期で新しい組の歯が作られる動物(鮫など)がある。

それ以外では、「歯」の形をしているもののことも言う。(例えば、「歯車」などが該当する。)

英語では「Tooth」、ドイツ語では「Zahn」、フランス語では「Dent」、イタリア語、ポルトガル語では「Dente」(但し、発音は異なる。)、スペイン語では「Diente」、中国語では「牙齒」と言う。

弾丸」:銃器から発射される飛行小物体の総称である。(簡単に言うと、ピストルで撃つ弾のことである。)また、古代中国では、小鳥を捕らえるために、弓にかけてはじき飛ばした球状の弾のこと(弾弓の弾のこと)を指した。

これは、目標物に対してダメージを与えるために様々な工夫が行われているものであって、(銃と共に)日々進化しているものである。歴史的に古い火縄銃では、球状の球であったが、空気抵抗を減らしたり、衝撃度を上げるように工夫されている。

構造は、銃によって異なるものの、現代のものは、基本的に鉛合金の弾芯に銅合金の被甲を被せた構造となっている。で、弾芯や被甲に様々な工夫が施されている。

例えば、被覆鋼弾、若しくは完全被甲弾と呼ばれる銃弾(Full Metal Jacket)は弾芯が金属の覆いで覆われているものであって、貫通性が高い銃弾である。威力を高めた銃弾としては「ソフト・ポイント」と呼ばれるものがあって、これは弾頭部分が覆われておらず、鉛がそのままになっている。(命中すると、先端部の柔らかい鉛が変形し、ダメージを大きくする。)また、弾頭部分が凹んでいる「ホロー・ポイント」と言われる弾丸も、命中すると先端部が変形したり拡張することで、対象物に対して与えるダメージが大きくなる。

殺傷能力の高い弾丸としては「ダムダム弾」というものがあるが、これは弾頭に十字の切れ込みを入れたものである。目標に到達すると、4つに分裂することで、巨売れたな貯めー時を与える。しかし、これを使用すると、人体には残酷ということで、現在は軍用としての使用は禁止されている。(ハーグ陸戦条約で禁止されている。)

また、狼男を射つための弾丸として知られている純銀弾(Silver Bullet)は、比重の大きい銀を使ったものであり、銃弾としての威力はあるが、純銀ということで高価になる。よって、一般には使われることは殆ど無く、逆にフィクションの世界で「狼男」をはじめとする怪物たちに立ち向かって行く場合にこれが登場することが多い。

英語では「Bullet」、ドイツ語では「Kugel」、フランス語では「Balle」、イタリア語では「Pallottola」、スペイン語、ポルトガル語では「Bala」(但し、発音は異なる。)、中国語では「子彈」と言う。

ネタバレ」:各種作品(小説、映画、ドラマ、マンガ、ゲームなどの創作物の作品)の内容で、物語の結末、または全体の中での重要な部分の内容を、その作品を見ていない人に対して暴露すること、またはその内容の暴露情報のことをいう。

一応、現時点ではネタバレがあると、その作品を楽しむことが十分に出来なくなってしまう、とされているが、一部の推理小説を用いた研究では、ネタバレがあった方がその小説をより楽しめたという被験者が多かったということも報告されている。そのため、一般的な感覚と、心理学的な研究とが推理していることも分かってくることになった。ただ、ネタバレに関しても、善か悪かという白黒の二値しかないというのではなく、多少のネタバレであればそれが楽しみにも成るということなんでしょうね。また、ネタバレも根幹に関わる部分(例えば、推理小説の犯人、どんでん返しの内容)ではないものであれば、逆に興味をそそることになる、ということなんでしょうね。

ということで、白黒の二値ではなく、アナログ的な「丁度良い加減」が必要ということなのだと思いますが...→「ケータイ刑事」では、「犯人は誰か?」ということは直ぐに分かってしまう構成となっている物語が多く、そのトリックや動機がとんでもないものであるということから、「推理小説」「ミステリー」で嫌われるネタバレとはあっても無くても、という気がするのですが...

英語では「Spoiling」、ドイツ語では「Verderben」、フランス語では「Gâter」、イタリア語では「Guastandosi」、スペイン語では「Estropeando」、ポルトガル語では「Deteriorando」、中国語では「劇情洩露」または「素材暴露」と言う。

マジシャン」:「手品師」または「奇術師」と言うこともある。マジック(手品、奇術)を行う人のこと、またはそれを職業としている人のことを言う。尚、「マジック」「手品」「奇術」と言う言葉は同義語であるため、「手品師」「奇術師」「マジシャン」は同義語であるが、近年では、その芸(手品、奇術、イリュージョン)の内容によって、言い分けられることもあって、それぞれ別の名称で呼ばれることもある。→トランプなどのカード・マジックをする人を「カーディシャン」、コイン・マジックをする人を「コインマン」、イリュージョンを行う人を「イリュージョニスト」などと呼ばれている。但し、これらの名称は、上位概念である「手品師/マジシャン」をより細かく分類した言い方であって、大分類では全て「手品師」「奇術師」「マジシャン」ということに変わりはない。

いずれにしても、エンターテイメントの世界で「マジック(手品、奇術)」という芸を見せるエンターテイナーである。

英語では「Magician」と言うのが一般的であるが、「Juggler」若しくは「Wizard」と呼ばれることもある。但し、「Juggler」は詐欺師という意味が強く、「Wizard」は魔法使いという意味が強い。(とは言っても、何となくこれらの言葉が使われるのも分かりますが...)また、ドイツ語では「Magier」、フランス語では「magicien」、イタリア語とスペイン語では「mago」(但し、発音は異なる。)、ポルトガル語では「Mágico」、中国語では「魔術師」という。

 

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

歯の本―歯医者に行く前に読む決定版

歯の本―歯医者に行く前に読む決定版

  • 作者: 釣部 人裕
  • 出版社/メーカー: ダイナミックセラーズ出版
  • 発売日: 2012/02
  • メディア: 単行本
きれいな歯をつくる―大人のためのデンタル・ブック

きれいな歯をつくる―大人のためのデンタル・ブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大泉書店
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本
抜かない歯の矯正

抜かない歯の矯正

  • 作者: 古田 博久
  • 出版社/メーカー: 海苑社
  • 発売日: 2011/06
  • メディア: 単行本
図解 ガンファイト (F-Files No.034) (F‐Files)

図解 ガンファイト (F-Files No.034) (F‐Files)

  • 作者: 大波 篤司
  • 出版社/メーカー: 新紀元社
  • 発売日: 2012/02/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ネタバレ!! (メディアボーイMOOK)

ネタバレ!! (メディアボーイMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアボーイ
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: ムック
カリスマ手品師(マジシャン)に学ぶ 超一流の心理術

カリスマ手品師(マジシャン)に学ぶ 超一流の心理術

  • 作者: スティーブ・コーエン
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
アッというまにマジシャンになれる本 (KAWADE夢文庫)

アッというまにマジシャンになれる本 (KAWADE夢文庫)

  • 作者: ゆうき とも
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2006/11/16
  • メディア: 文庫
人気マジシャンのタネぜんぶバラしますPremium

人気マジシャンのタネぜんぶバラしますPremium

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 鉄人社
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。