SSブログ

岩崎宏美『ゴールデン☆ベスト デラックス岩崎宏美~THE COMPLETE SINGLES in Victor Years』 [音楽(特撮/邦楽)]

表題のアルバムは2009年にリリースされた3枚組のベスト盤である。アルバム・副題にあるように、ビクター時代の曲を集めたアルバムである。(それだけ数多くのヒット曲がある彼女であるだけに、テーマを設けたベスト盤であっても、漏れている曲があるぐらいですし...)また、『ゴールデン☆ベスト』シリーズは、内容があること、及び低価格ということで高い評価のあるベスト盤のシリーズであるが、「デラックス」というのは、このシリーズの3枚組のものにのみ付けられた称号でもある。それだけに、内容の方も折り紙付きである。(3枚組ということで、全57曲というたっぷりさがある。ただ、これでもまだ収録曲に不足感があるのですが...)

収録曲は、DISC 1が21曲、DISC 2が19曲、DISC 3が17曲である。DISC 1の収録曲は以下の通りである。『二重唱』『ロマンス』『センチメンタル』『ファンタジー』『未来』『霧のめぐり逢い』『ドリーム』『想い出の樹の下で』『悲恋白書』『熱帯魚』『思秋期』『二十才前』『あざやかな場面』『シンデレラ・ハネムーン』『さよならの挽歌』『春おぼろ』『夏に抱かれて』『万華鏡』『スローな愛がいいわ』『女優』『銀河伝説』。

DISC 2の収録曲は以下の通りである。『愛の生命』『摩天楼』『胸さわぎ』『恋待草』『すみれ色の涙』『れんげ草の恋』『檸檬』『聖母たちのララバイ』『思い出さないで』『素敵な気持ち』『真珠のピリオド』『家路』『20の恋』『未完の肖像』『』『決心』『夢狩人』『月光』『25時の愛の歌』。

DISC 3の収録曲は以下の通りである。『好きにならずにいられない』『小さな旅』『夜のてのひら』『最初の恋人達』『風の童話集』『ラスト・クルーズ』『聞こえてくるラプソディー』『未成年』『夢見るように愛したい』『愛を+ワン』『愛という名の勇気』『Life』『朝が来るまで』『BELIEVIN'』『笑顔をみせて』『愛がいっぱい』『許さない』。

デビュー時から高い歌唱力のあった彼女(あの淡谷のり子も、彼女の歌唱力だけは認めていたというエピソードがある。)であっただけに、DISC 1のデビュー間もない頃の多数のヒット曲も安心して聴いていられる。DISC 2になると、表現力も一段と充実してうま味も出てきており、ボーカリストとしても上手さを発揮していて、珠玉の曲が詰まっている。(DISC 3も同様であるのは言うまでも無い。)

『ゴールデン☆ベスト』シリーズの一枚であるだけに、内容が充実していることと、価格が安い(が、3枚組となると、それなりの値段になっちゃいますけど...)ことを考えると、お買い得なベスト盤である。(ただ、もう少しテーマを絞った1枚もののベスト盤を複数ということもあってもいいんじゃないかと...→「3枚組」となると、やはり垣根が高くなってしまうだけに...)

 

ゴールデン☆ベスト デラックス岩崎宏美~The Complete Singles in Victor Years

ゴールデン☆ベスト デラックス岩崎宏美~The Complete Singles in Victor Years

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/16
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岩崎良美『「岩崎良美」SINGLESコンプリート』 [音楽(特撮/邦楽)]

表題のアルバムは2007年8月にリリースされたベスト盤である。タイトルの通り、彼女が発表してきたシングル曲を集めたものである。但し、「コンプリート」とあるものの、1998年以降にインディーズ・レーベルから発表したシングル曲2曲は収録されていない。(メジャー・レーベルからのシングルは、両A面となった曲を含めて、A面の曲は全て網羅されている。尚、本アルバムの後にリリースされたシングル曲が収録されていないのは当然のことである。)

収録曲は16曲を収録したDISC 1と、11曲と4曲ボーナス・トラック扱いの合計15曲を収録したDISC 2の2枚組となっていて、全31曲が収録されている。DISC 1の収録曲は以下の通りである。『赤と黒』『涼風』『あなた色のマノン』『I THINK SO』『四季』『LA WOMAN』『ごめんねDarling』『愛してモナムール』『どきどき旅行』『マルガリータ ガール』『Vacance』『化粧なんて似合わない』『恋ほど素敵なショーはない』『ラストダンスには早過ぎる』『月の浜辺』『オシャレにKiss me』。

続いて、DISC 2の収録曲は以下の通りである。『プリテンダー』『愛はどこに行ったの Please Answer The Phone』『くちびるからサスペンス』『ヨコハマHeadlight』『タッチ』『愛がひとりぼっち』『チェッ!チェッ!チェッ!』『情熱物語』『ONLY HE』『オ・ニ・ヴァ ON Y VAS』『硝子のカーニバル』。(以下、ボーナス・トラック扱い)『言い訳-A GOOD EXCUSE』『君がいなければ』『青春』『涼風(ぼくらのベストVersion)』。

デビュー曲の『赤と黒』から年代順に収録されているので、資料性ということでも価値のあるものとなっている。彼女の最大のヒット曲は『タッチ』であることもあって、特にDISC 1に収録されているデビュー時からのシングル曲の方が意外と忘れられているが、こちらの方にこそ、隠れた名曲がゴロゴロしている。姉・岩崎宏美に負けない歌唱力があることから、彼女の歌は安心して聴いていられるが、デビュー時から表現力の方も豊であるだけに、じっくりと聴いてみるのも宜しいかと...

尚、彼女は、シングル曲以外のアルバム収録曲の中にもこれぞという隠れた名曲があるのだが、シングルの全曲というのは入門者にとっては有り難いところであるだけに、彼女を知るには最も手軽であり、かつ、分かりやすいベスト盤である。

 

「岩崎良美」SINGLESコンプリート

「岩崎良美」SINGLESコンプリート

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2007/08/17
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

石川セリ『ゴールデン☆ベスト 石川セリ シングルス・アンド・モア』 [音楽(特撮/邦楽)]

表題のアルバムは2003年にリリースされたベスト盤である。内容の濃いベスト盤のシリーズで、価格の方も低価格ということで知られている『ゴールデン☆ベスト』シリーズにユニバーサル・レコードが加わった時の目玉作品としてリリースされたベスト盤であり、その名に恥じないだけの内容のあるベスト盤である。(『ゴールデン☆ベスト』はほぼハズレの無いベスト盤のシリーズである。)'70'sにはいくつかのヒット曲を放ち、井上陽水夫人となった彼女であるが、キャリアを考えると、リリースされたシングルやアルバムは意外と少ない。が、粒ぞろいの秀曲が多く、後に多くのミュージシャンがカヴァーしている曲があるなど、有名な曲も多いシンガーでもある。本ベスト盤は、そんな彼女の主だった曲を集めたベスト盤であって、1枚ものでありながらも75分弱という時間的にも長く、内容のあるベスト盤となっている。

収録曲は以下の全20曲である。『いろ、なつ、ゆめ ~彩 夏 夢』『夢愛飼育論』『キ・サ・ラ恋人』『BOY』『ヘルミーネ』『真珠星(Pearl star)』『スノー・キャンドル』『ムーンライト・サーファー』『ミッドナイト・ラブ・コール』『ガラスの女』『うしろ姿』『ダンスはうまく踊れない』『気まぐれ』『朝焼けが消える前に』『フワフワ・WOW・WOW』『SEXY』『ひとり芝居』『遠い海の記憶』『海は女の涙』『八月の濡れた砂』。

ここには、彼女が発表した全てのシングルは収録されていない。(ポイントとなる曲はしっかりと収録されているのは言うまでも無い。)が、シングルB面曲であったり、アルバムの中のみの曲など、これぞという曲が収録されているため、本当に内容のある選曲になっている。また、年代順ではなく、年代の逆順という構成も面白い所である。

彼女のベスト盤はこれまでにもいくつかリリースされており、本ベスト盤のリリースの後にもいくつかリリースされている。が、「ベスト盤」として内容的にも満足できるものと言えば、やはり『ゴールデン☆ベスト』シリーズに含まれる本アルバムである。彼女の入門者向けでもあり、かつ、じっくりと聴きたいという方にもお奨めできるベスト盤である。

 

ゴールデン☆ベスト 石川セリ シングルス・アンド・モア

ゴールデン☆ベスト 石川セリ シングルス・アンド・モア

  • アーティスト: 石川セリ,なかにし礼,井上陽水,荒井由実,みなみらんぼう,下田逸郎,松本隆,井上真介,村上透,かしぶち哲郎,吉岡オサム
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2003/11/26
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DEEP PURPLE『SHADES OF DEEP PURPLE』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1968年に発表された彼らのデビュー・アルバムである。日本では「紫の世界」という邦題でリリースされたが、後に「ハッシュ/ディープ・パープルⅠ」という邦題に変更されて再発された。本国イギリスではまったくだったが、アメリカではヒットを記録して、Billboardで最高位24位を記録している。

収録曲は、オリジナル盤では全8曲であったが、2000年にリマスターされたときに5曲のボーナス・トラックが追加されて全13曲になった。収録曲は以下の通りである。『And The Address』『Hush』『One More Rainy Day』『Prelude: Happiness/I'm So Glad (Medley)』『Mandrake Root』『Help』『Love Help Me』『Hey Joe』。(以下、ボーナス・トラック)『Shadows』『Love Help Me (Instrumental Version)』『Help (Alternate Take)』『Hey Joe (BBC Top Gear Session)』『Hush (Live US TV)』。

この中からシングル・カットされたのは『Hush』であって、アメリカで最高位4位を記録している。本国イギリスではチャートインしていない。
お薦め曲は、彼らの代表曲の一つである『Hush』、更に『And The Address』『Mandrake Root』『Love Help Me』『Hey Joe』をピックアップしておく。(全曲と言っても良いのですが...)

'60's当時は、サイケデリック・ロックが'60'sらしいサウンドとして流行っていたが、本アルバムは「アート・ロック」に分類されている。実際、「ハードロック」とは毛色が違うものである。(但し、ライヴ盤ではアルバム・バージョンよりもよりハード・ロック色を強めて演奏していることもあって、「ハード・ロック」に分類されますが...)サウンド的には試行錯誤していたと言うことになるが、デビュー時からサウンドが全く変わらないというバンドはまず無いだけに、そういう試行錯誤を通してハードなサウンドが完成していくのだから、これはこれで宜しいかと...

また、オリジナル盤では全8曲であるが、時間は約43分半ということで、6分以上の長尺曲が3曲(内2曲は7分以上)ということもあって、たっぷりと彼らのサウンドを堪能できるアルバムである。後のハードにサウンドとは少し違っているが、ロック・ファンであればやはり聴いておくべきアルバムの一つである。

 

Shades of Deep Purple

Shades of Deep Purple

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2005/05/17
  • メディア: CD

Shades of Deep Purple

Shades of Deep Purple

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Eagle Records
  • 発売日: 2011/07/26
  • メディア: CD
ハッシュ(K2HD+HQCD/紙ジャケット仕様)

ハッシュ(K2HD+HQCD/紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ディープ・パープル
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2011/12/14
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケータイ刑事銭形海26話(2nd.12話)[裏ネタ編]PART 4 [ケータイ刑事]

銭形海」の第26話(2nd.13話)「さよなら五代さん! ~恐怖の神経ガス殺人事件」の裏ネタ編・増補の3回目となる今回は、物語の舞台がここだったことから「防衛省」について、事件はこれと言っていたことから「盗難事件」について、盗まれたのはこれと言うことから「VX7」について、これを作るためにあったのということから「解毒剤」について、「サンプル」について記します。尚、「解毒剤」は「・12話[裏ネタ編]PART 6」で記したものをベースにして加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事(MBS放送時に記した[改訂版])は「ここをクリック」してご覧下さい。BS-i(当時)での本放送時に記した記事へのリンクもあります。また、この物語についての過去に記した裏ネタ編は2008/9/28付です。

防衛省」:日本の中央省庁のひとつであり、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とする役所である。そして、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊を管理、運営、その事務関係を行っている。

「省」としては新しく、2007/1/9に省となったが、歴史はそれから半世紀強遡ることになる。1950年、朝鮮戦争ということから警察予備隊が創設され、その管理、運営を総理府の機関として行う組織して「警察予備隊本部」として設置されたがここから始まることになる。1952年には総理府の外局として保安庁が発足し、1954年に総理府の外局という位置づけは変わらないが、防衛庁に改組移行された。その後は名称変更は無かったが、何度かの組織改編が行われている。

2001年には、中央省庁再編に伴って、総理府が内閣府に改編されたことで、内閣府の外局となる。

2006年12月に、防衛庁を省へ移行させる「防衛庁設置法等の一部を改正する法律案」が国会で可決、成立し、2007年1月9日に「防衛庁」が「防衛省」に移行した。

英語では「Ministry of Defense」、ドイツ語では「Verteidigungsministerium」、フランス語では「Ministère de Défense」、イタリア語では「Ministero di Difesa」、スペイン語では「Ministerio de Defensa」、ポルトガル語では「Ministério da Defesa」、中国語では「防衛省」と言う。

盗難事件」:「盗難」とは、金品を盗まれることを言う。「窃盗」と言うこともあり、日本では法的には「窃盗罪」が規定されているため、法的には「窃盗」と言うことになる。

一方、「事件」とは、日々起こる出来事の中でもめ事となった出来事、若しくは人が何らかの意図を持って、故意に損害を生じさせるなどのような悪い出来事のこと、または法的な訴訟事件の省略した言い方である。

よって、「盗難事件」とは、金品などが盗まれた事件のことであって、「窃盗罪」が適用される事件のこととなる。

この物語では、防衛省が保有しているVX7が盗まれたと言っていたので、役所の所有物が盗まれたと言うことから(この意味では)「窃盗罪」が適用されるので、刑事事件が成立する要件は満たしている。(実際はそれを装った横領事件であり、殺人事件でしたが...)

英語では「Robbery」、ドイツ語では「Raub」、フランス語では「Vol」、イタリア語では「Furto」、スペイン語では「Robo」、ポルトガル語では「Roubo」、中国語では「失盜事件」又は「盗窃案件」と言う。

VX7」:「神経ガス」の一つであって、「V剤」と呼ばれるもののに含まれる「VXガス」の仲間のつもりであろう。V剤、特にVXガスは毒性が非常に高い毒物・神経ガスであって、最も毒性の高い物質の一つとされている。→サリンの28倍の毒性があるとされている。(「ケータイ刑事」が好きな「28」という数字が出てきます。)

VXガスは、呼吸器からだけでなく、皮膚からも吸収されて毒性を発揮するため、ガスマスクだけで防護することはできない。また、親油性が高い毒物であり、この毒性を取り除くには化学洗浄を行う必要がある。(VXガスに汚染された物質に触れるだけでも危険である。)→これを考えると、温度が10゜C以下であれば問題ないと言っていた「VX7」は、VXガスの中では特異なものと言うことになるのでしょうかね...???

尚、オウム事件で教団がVXガスを製造し、それを使用していたが、VXガスはその毒性が余りにも高いため、使用されたことは無かったのだが、初めて使用されたことになった。(化学兵器の一つであり、国連も大量破壊兵器と認定している、また、化学兵器禁止条約によって製造と保有は禁止されているので、普通は使用使用にも出来ない物質であるのですが...)

また、VXガスは水溶性ではないため、大量に海洋投棄された神経ガス(アメリカに記録が残っておらず、正確な場所、量などは不明である。)に関して、極めて重大な危険の環境破壊が引き起こるとされているが、その詳細は不明である。この物語のVX7のように、温度が10゜Cよりも下がれば安全になるというような神経ガスは、ある意味では得意なものと言っても良いんじゃ無いですかね...

解毒剤」:中毒した際、その毒(各種毒物が該当する)を中和して無毒の物質に変化させることの出来る物質(薬)のこと、またはその毒を体外に排出するのを促進する薬のことである。「解毒薬」「毒消し」という言い方もある。

尚、一般的に「解毒剤」と呼ばれるものはその殆どが前者の毒を中和するものである。また、毒を体外に排出するものの一例としては、虫下し、下剤、吐剤が該当する。

毒を中和するものの中には「血清」と呼ばれる解毒剤がある。(マムシやハブなどの毒蛇や毒蜘蛛の血清は有名である。)これらはその毒を動物に微量だけ注射して、それによって出来た抗体を培養して作られるものである。マムシ、ハブ、コブラ、毒蜘蛛などの毒に対しては血清が開発されているが、全ての(動物の)毒に対して血清を含む解毒剤がある訳ではない。→「ウラリにも解毒剤はない」と言うことになっているが、即効性の毒の場合は血清があったも、直ちに与えないことには意味がないですが...

尚、解毒剤が無い毒物であっても、毒が致死量に達していなければ命が助かることはあり、血清がある毒部も致死量に達していれば血清を与えても命を落としてしまう場合もある。いずれにしても「解毒剤」は、毒が体内に入った時点から少しでも早く与える必要があって、遅くなれば命を落とす可能性が高くなる。毒を持った動物と接する場合は、側に血清が用意されている所で接するに越したことはないのは言うまでもない。

英語、フランス語では「Antidote」(但し、発音は異なる。)、ドイツ語では「Gegenmittel」、イタリア語、スペイン語では「Antídoto」(但し、発音は異なる。)、ポルトガル語では「Antídoto」、中国語では「解毒劑」と言う。

サンプル」:「標本」のこと、または「見本」のこと、「雛形」のことである。

学術的な「サンプル」はほぼ前者のものであって、学問を研究するのに必要となるものであり、調査や検査のために母集団から選び出した一部のものである。そして、これを統計的な処理を行ったり、分析したり、監察して学問的な価値を見出していくのに利用される。(数学・統計学でのサンプルと、動物学、昆虫学などの動物標本や化石、地質学の地質標本、化学の物質標本などがある。)

一方、「見本」ということでは、商業的に、それがどういうものであるのかを伝えるためのもので、製品そのものという場合と、製品の意匠のみを同一にして作られた模型の両者がある。(近年では家電量販店、携帯電話ショップなどでは「モックアップ」と呼ばれる意匠見本が店頭に並べられていますね。)

この物語では、解毒剤の開発研究のためのサンプルということであったため、「見本」でもあるが化学的な「標本」という意味の方が強くなる。

英語では「Sample」、ドイツ語では「Probe」、フランス語では「Échantillon」、イタリア語では「Esemplare」、スペイン語では「Muestra」、ポルトガル語では「Amostra」、中国語では「樣品」と言う。

 

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形海 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

実名告発 防衛省

実名告発 防衛省

  • 作者: 太田 述正
  • 出版社/メーカー: 金曜日
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本
誰も書けなかった防衛省の真実

誰も書けなかった防衛省の真実

  • 作者: 中谷 元
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本
平成23年版 日本の防衛 防衛白書

平成23年版 日本の防衛 防衛白書

  • 作者: 防衛省
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 2011/08/19
  • メディア: 単行本
ミステリー―おいしい博物館盗難事件

ミステリー―おいしい博物館盗難事件

  • 作者: アーサー ガイサート
  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 大型本

ロシア 戦慄の遺産―核兵器からVXガスまで (ホット・ノンフィクション)

  • 作者: 高倉 克祐
  • 出版社/メーカー: 悠飛社
  • 発売日: 1995/07
  • メディア: 単行本
ペレランドラが贈る微生物のためのエッセンス―ペレランドラのMBPソリューション

ペレランドラが贈る微生物のためのエッセンス―ペレランドラのMBPソリューション

  • 作者: ミッシェル・スモール ライト
  • 出版社/メーカー: エンジェルプレス
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本
食品サンプルの作りかた、教えます。

食品サンプルの作りかた、教えます。

  • 作者: 今井 規雄
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2010/07
  • メディア: 単行本
PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル 第2版

  • 作者: 西沢 直木
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/03/24
  • メディア: 大型本
レイアウトデザインアイデア帖 雑誌、ポスター、広告に使える実用サンプル集

レイアウトデザインアイデア帖 雑誌、ポスター、広告に使える実用サンプル集

  • 作者: 高野 徹
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 単行本
サンプルサイズの決め方 (統計ライブラリー)

サンプルサイズの決め方 (統計ライブラリー)

  • 作者: 永田 靖
  • 出版社/メーカー: 朝倉書店
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。