SSブログ

「D.A.R.Y.L.」 [映画(洋画)]

表題の作品は1985年のアメリカ映画「ダリル」である。日本での劇場公開は1986年2月であった。尚、ビデオ化された時に「ダリル/秘められた巨大な謎を追って」という邦題に変更されている。SFアクション作品である。

作品データを記しておくと、時間は96分、監督はサイモン・ウィンサー、脚本はデヴィッド・アンブローズ、アラン・スコット、ジェフリー・エリスの3人、撮影はフランク・ワッツ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュである。そして出演は、バレット・オリヴァー、メアリー・ベス・ハート、マイケル・マッキーン、キャスリン・ウォーカー、コリーン・キャンプ、ジョセフ・ソマー、スティーヴ・ライアン、ダニー・コーキル、デヴィッド・ウォール、ロン・フレイジャー、エイミー・リンカー、たちである。

ヘリに追われてた車が崖下に転落した。その直前に、その車から1人の少年が脱出していて、その少年は保護された。その少年はダリルという10歳の少年でアリ、過去の記憶を失っていた。そんな彼は、身元が判明するまで、谷間の町・バトチントンに住む建築技師のアンディとジョイス夫妻の所に預けられることになった。夫婦は子供が居なかったため、たいへん喜んだ。普通の生活をするダリルは学校で直ぐに友達が出来、抜群の成績とスポーツ能力を発揮して、スーパー少年という所を見せていた。そんなダリルが野球の試合で大活躍し、それが新聞記事になると、ダリルの本当の両親と名乗る男女がやってきた。が、アンディ夫妻は胡散臭さを感じていた。しかし、ダリルは、アンディ夫婦や友達に別れを告げて、本当の両親いう男女についていった。で、ジェット機に乗り、到着したのは厳重に警備されたタスコム研究所という場所だった。そして、ダリルの両親と名乗ったのは、コンピュータ専門の科学者のジェフリーとエレンだった。そして、その研究所にはペンタゴンから派遣されたグレイクリフ将軍が待っていた。実は、ダリルはペンタゴンが開発したアンドロイドであって、「DARYL」とは、「Data Analyzing Robot Youth Lifeform(データ分析ロボット少年生命体)」の略であり、ダリルは人間では無かったのだった。が、ダリルが一人の人間と同じ感情を持ち始めたことから、ペンタゴンはダリルを抹殺しようとしていて、ダリルは脱出したのだった。が、ジェフリーとエレンはダリルを助けて逃がすことを決めた。で、ダリル抹殺したと見せかけて車に隠して脱出し、ジェット機で逃亡させた。ソレニ気づかれると、迎撃ミサイルガ発射サレ、ダリルの乗ったジェット機は間もなくミサイルに撃墜された。で、ペンタゴンは、ダリルは破壊されて消滅したと判断した。が、ダリルはジェット機から脱出していて、湖に落ち、学校の親友たちに助けられていた。で、再びアンディ夫妻の元で平凡な日常生活を始めたのだった。

物語としたら、上手く纏まりすぎていて、それなりに楽しめるのであるが、面白みというものが今一つ発揮されておらず、ちょっと退屈な感じがする。ネタとしては、膨らませれば面白くなるであめう部分があるだけに、大作になり損ねた作品と言ったら良いでしょうかね。

ただ、後に本作のような物語が生まれているところを見ると、10数年、生まれたのが早かったと言ったら良いですかね。また、現在のCG技術などでリメイクしたら面白そうな作品になるのではないかという気がするのだが...→ただ、最近のリメイク流行にはちょっとうんざり気味ではありますが...

 

↓DVD化されておらず、ビデオです。

ダリル [VHS]

ダリル [VHS]

  • 出版社/メーカー: RCAコロンビア・ピクチャーズ・ビデオ
  • メディア: VHS

D.A.R.Y.L. [VHS] [Import]

D.A.R.Y.L. [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: VHS

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「DARK TOWER」 [映画(洋画)]

表題の作品は1987年のアメリカ映画「ゴーストインフェルノ」である。日本での劇場公開は1989年2月であった。タイトルから分かるようにホラー映画であるが、同時にB級作品ということも分かってしまう邦題が何とも言えない作品である。(で、やはりB級作品である。)

作品データを記しておくと、時間は90分、原案はロバート・J・アヴレッチ、監督はケン・バーネット、脚本はケン・ウィーダーホーンとロバート・J・アヴレッチ、ケン・ブラックウェルの3人、撮影はゴードン・ヘイマン、音楽はステイシー・ワイドリッツである。そして出演は、マイケル・モリアーティ、ジェニー・アガター、キャロル・リンレイ、セオドア・バイケル、アン・ロックハート、ケヴィン・マッカーシー、たちである。

スペインのバルセロナに、美人建築家のキャロリンが手掛けた高層ビルが完成間近となった。が、その高層ビルで、窓拭きの清掃人が墜落死するという事故が起こった。これは事故と思われたが、それを皮切りに、ビルの周囲で不可思議な事件が起こる。そして、社員が銃を乱射する事件を経て、キャロリンが姿の見えぬ何者かに襲われ、彼女の秘書が殺された。警備チーフのデニスは一連の事件の捜査を始め、事件の背後に人知を越えた何かがあるものと確信した。で、超心理学者やエクソシストの協力を得て、問題の高層ビルに乗り込んだ。そして、建築デザイナーであり、キャロラインの夫が妻に殺されていて、ビルの礎に埋められていたことが分かる。事件は彼が妻に殺された恨みで怪事件を起こしていたものだった。亡霊は復讐のためにキャロリンを襲い、キャロリンを壁の中に封じ込めると復讐を終えたのだった。

地縛霊となった亡霊の復讐劇であるが、こういうネタって、形を変えているものの、このジャンルの作品では定番である。更に、物語の展開が先読みできてしまうので、これはダブルで辛いところとなってしまう。また、序盤に派手な所があるだけに、期待が膨らむのだが、そこから先は盛下がっていくといった感じであって、それだけである。

もう一捻りある(例えば、舞台を折角バルセロナにしたのだから、その特徴を引き出すとかあれば良かった...)と、B級作品の中でも怪作になったであろうが、平凡すぎるB級作品という所で終わっている作品である。(かつてはLDでリリースされていたが、DVD化されないのも当然と言った所ですね...)

 

↓ビデオです。

Dark Tower [VHS] [Import]

  • 出版社/メーカー: Starz / Anchor Bay
  • メディア: VHS


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

DOOLEYS『THE BEST OF THE DOOLEYS』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1979年にリリースされた彼らのベスト・アルバムである。イギリスのファミリー・グループとして'60's後半から活動をしていて、'70's後半の世界的なディスコ・ブームの時にいくつかのヒット曲を生んだことで知られている。そんな彼らの主だった曲を集めたベスト・アルバムである。

収録曲は、オリジナル盤では全12曲であったが、CD化された時に内容が変更されて、3曲がカットされて異なる5曲(オリジナル盤のリリース時には未発表だった'80'sに成ってからの曲を含む。)が追加された14曲になっている。現在入手出来るCDの収録曲は以下の通りである。『Wanted』『The Chosen Few』『Love Of My LIfe』『A Rose Has To Die』『Think I'm Gonna Fall In Love With You』『Honey I'm Lost』『Love Patrol』『Body Language』『Don't Take It Lyin' Down』『And I Wish』『Don't Let Me Be The Last To Know』『One Kiss Away』『Stone Walls』『Hands Across The Sea』。

尚、『Love Patrol』と『Body Language』は彼らの曲としてはお馴染みの曲であるが、これらは本アルバムのオリジナル盤がリリースされた時には未発表であって、'80年のヒット曲であり、CD化の時に追加されたものである。そのため、本ベスト盤としてはオリジナル盤というものはCDでは存在していないため、LPとCDとでは同一アルバムという扱いであるものの、内容は異なっているため、コレクターにとってはLPとCDの両方を有したいという気にさせるアルバムとして知られている。(内容としては、後にリリースされたシングル・コレクションの方が充実しているので、そちらをお薦めする。但し、一部の曲はシングル・コレクションには収録されていない...)

コレクター心を擽る内容になっているため、中古市場では高値が付いていることもあるものとして知る人ぞ知るアルバムの一つであるので、万人向けではないが、こういうアルバムを所有することで、手持ちのライブラリーの価値を高めるというのも如何ですか?

 

The Best of the Dooleys

The Best of the Dooleys

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony/Bmg Int'l
  • 発売日: 2007/01/16
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケータイ刑事銭形愛12話[裏ネタ編]PART 8 [ケータイ刑事]

銭形愛」の12話「サンタが街にやってきた ~クリスマス誘拐事件」の「裏ネタ編」の増補の3回目となる今回は、誘拐された健太郎はこれになりたいと言っていた「警察官」について、彼の父はこれの被害者だったことから「ひき逃げ」について、母はこれをしたことから「再婚」について、それ以降健太郎は度々これをしていたことから「家出」について、五代さんと一緒のこれがあったことから「写真」について記します。尚、「再婚」は「・12話[裏ネタ編]PART 4」で記したものをベースにして加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事は「ここをクリック」してご覧下さい。また、この物語に対する過去に記した裏ネタ編は2009/3/26、28、29、31、4/2付です。

警察官」:警察組織に所属し、警察上の執行を担当遂行する人のことを言う。(主に治安維持と犯罪捜査を担当することになる。これは国が異なっても共通している。)

また、災害発生時にも、消防士や救急隊と共に動員されたり、交通関係の取り締まりを行うこともある。(交通関係は専用の部署もある。)

業務上、特権を有しているため、身分が一目で分かるように、通常は制服を着用している。(一部で捜査のために私服刑事もいるが、基本は制服である。)

銭形姉妹も、相棒刑事も、鑑識の柴田さんも、警察組織に属しているので、地位は異なっていても全て「警察官」である。

英語では「Police Officer」、ドイツ語では「Polizist」、フランス語では「Agent de Police」、イタリア語では「Agente di Polizia」、スペイン語では「Policía」、ポルトガル語では「Policial」、中国語では「警官」と言う。

ひき逃げ」:「轢き逃げ」と表記することもある。(「轢」は常用漢字では無いため、普通は「ひき逃げ」と表記される。)

車で走行中に人身事故を起こし、そのまま逃げることを言う。これは犯罪行為とされる。(道路交通法で規定されている。)尚、人身事故ではなく物損事故を起こし、そのまま逃げた場合は「あて逃げ」と言われる。(これも道路交通法で規定されている犯罪行為である。)

尚、法律上は「逃げる」という行為は構成要件には含まれておらず、事故を起こした際、当事者が運転を直ちに停止しないか、または救護義務、危険防止措置義務を怠ることで、この犯罪は成立することになっている。

英語では「Hit-and-Run」、ドイツ語では「Mit Fahrerflucht」、フランス語では「Avec délit de Fuite」、イタリア語では「Colpì-e-Corso」、スペイン語では「Pegó-y-Corrido」、ポルトガル語では「Bater-e-Corra」、中国語では「拉逃跑」と言う。

再婚」:「再度の結婚」の略であり、婚姻関係にあった人がそれを解消した後で、再び婚姻関係を結ぶことをいう。よって、再婚は最低でも二度目の結婚ということになる。(三度目以降であっても「再婚」と言うことは変わらない。)

尚、再婚をするには離婚を経験しなくても可能である。→配偶者と死別した場合は「離婚」とならないので、離婚経験がなくても再婚は可能なのである。

再婚も初婚と基本的に同じであるが、女性については、前婚の解消日(婚姻関係の取り消し日)から6ヶ月間は再婚することはできないことになっている(この期間のことを「待婚期間」と言う。)ため、その間は再婚できない。これは父性推定の混乱を防ぐ目的のためである。但し、離婚した相手と再婚する場合(=よりを戻す場合)はこの限りではない。(その他にも特例はあるが、ここでは省略する。)これは民法に規定されている。(733条)→6ヶ月を短縮しようという方向に現在動いているが、現時点では「6ヶ月」となっている。

男性には待婚期間は無いため、離婚して直ぐに再婚をすることは可能であるが、女性には待婚期間があるというのは男女の不平等という声があるが、最高裁は待婚期間は合憲という判断を下している。尚、国によっては女性の待婚期間が無いという国もある。

英語では「Remarriage」または「Second Marriage」、ドイツ語では「Wiederverheiratung」、フランス語では「Remariage」、イタリア語では「Nuovo Matrimonio」、スペイン語では「Segundas Nupcias」、ポルトガル語では「Segundas Nupcias」、中国語では「再婚」と言う。

家出」:行方を告げずに家(家庭)を出て、何処かに行ってしまって戻らないことをいう。尚、これには一時的な無断外出のように、後に戻って来るという意思があるものは含まれない。

子供が行ったことに対して言うことが多いが、成人であっても同様の行為をした場合は「家出」と言う。また、そのまま行方が分からなくなってしまうと「失踪」ということになる。

また、それ以外の意味としては、出家して僧侶になることという意味もある。

英語では「Disappearance from Home」、ドイツ語では「Verschwinden von Heim」、フランス語では「Disparition de Maison」、イタリア語では「Scomparsa da Casa」、スペイン語では「Desaparición de Casa」、ポルトガル語では「Desaparecimento de Casa」、中国語では「離家出走」と言う。

写真」:ありのまを写しとること、またはその写しとった像のことを言う。特に、フィルムなどに目に見える形でその像を結像させて記録したものを印画紙に焼き付けたもののことを指す。(近年では、フィルムを用いずにデジタルデータとして記録したデジタル写真が主流になっていて、印画紙に焼き付けを行わず、ディスプレイ上に表示させた写真もある。→当然、印画紙に印刷したものもある。)

尚、光学像はピンホールを用いたり、光学レンズを通して結像させる。そして、それを半永久的な記録媒体であるフィルムに定着させていた。近年では、光学系は同じであるが、フィルムではなくて電子的な撮像素子の上に結像させて、デジタルデータとして像を記録するデジタルカメラに主役の座を譲った。

写真の原理は古くからあって、16世紀にはピンホールを使って結像させる技術は確立していた。(但し、当時はそれを記録するフィルムなどが存在していなかった。)現在の写真技術の基礎は、1839年にフランスのダゲールが銀盤写真の原理(「ダゲレオタイプの発明」として知られている。)を発明したことから始まる。(白黒写真である。)また、カラー写真に付いての研究も19世紀に盛んに行われていて、原理としては1860年頃に三原色の原理によって確立している。但し、その当時はそれを実現することが困難であって、カラー写真の実用化はもう少し先になる。(原理が確立されたことから、カラー写真は1870年代のものが存在しているが、色の再現性に問題があった。)これか1935年にイーストマンコダックが発色現像によるカラーフィルムを実用化して、以後、普及していくことになった。

また、可視光線以外の光線を撮影するものも19世紀には確立している。(要は、記録媒体が対応するかであって、原理的には可視光線を撮影するものも、赤外線写真、X線写真も同じである。)

英語では「Photograph」、ドイツ語では「Foto」、フランス語では「Photographie」、イタリア語、ポルトガル語では「Fotografia」(但し、発音は異なる。)、スペイン語では「Fotografía」、中国語では「照片」と言う。

 

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

大卒警察官教養試験 過去問350[2013年度版] (公務員試験 合格の500シリーズ 9)

大卒警察官教養試験 過去問350[2013年度版] (公務員試験 合格の500シリーズ 9)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2012/02/14
  • メディア: 単行本
警察官になる本 2012-2013―47都道府県警察警察官への道を完全収録 (イカロス・ムック)

警察官になる本 2012-2013―47都道府県警察警察官への道を完全収録 (イカロス・ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2011/09/29
  • メディア: ムック
警察官という生き方 (洋泉社MOOK)

警察官という生き方 (洋泉社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: ムック
科学鑑定―ひき逃げ車種からDNAまで (文春新書)

科学鑑定―ひき逃げ車種からDNAまで (文春新書)

  • 作者: 石山 いく夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 新書
子連れ再婚を考えたときに読む本

子連れ再婚を考えたときに読む本

  • 作者: 新川 てるえ
  • 出版社/メーカー: 太郎次郎社エディタス
  • 発売日: 2011/06/23
  • メディア: 単行本
再婚の達人―今度は必ずうまくいく!

再婚の達人―今度は必ずうまくいく!

  • 作者: 岡野 あつこ
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 単行本
家出のすすめ (角川文庫)

家出のすすめ (角川文庫)

  • 作者: 寺山 修司
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 文庫
完全家出マニュアル

完全家出マニュアル

  • 作者: 今 一生
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 1999/08
  • メディア: 単行本
ともかくカッコイイ写真が撮りたい!

ともかくカッコイイ写真が撮りたい!

  • 作者: 橘田 龍馬
  • 出版社/メーカー: MdN
  • 発売日: 2010/01/22
  • メディア: 単行本
写真の教科書 はじめての人、上達したい人のための写真の手引き

写真の教科書 はじめての人、上達したい人のための写真の手引き

  • 作者: 岡嶋和幸
  • 出版社/メーカー: MdN
  • 発売日: 2010/06/25
  • メディア: 単行本
写真撮影の教科書 思いどおりに撮るための写真の手引き

写真撮影の教科書 思いどおりに撮るための写真の手引き

  • 作者: 岡嶋和幸
  • 出版社/メーカー: MdN
  • 発売日: 2011/02/25
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。