SSブログ

「無責任」(その5) [映画(邦画)]

懐かしの邦画ヒーロー・シリーズの第60弾として記してきた「無責任」シリーズも今回で最後となります。で、1964年12月に劇場公開されたシリーズ最後と位置づけられている作品についてです。尚、本作も「クレイジー」シリーズの一つと数えられることもありますが... これまでの作品群と違って、時代劇となっているのが特徴である。

シリーズ第4作花のお江戸の無責任」(1964年)
作品データーを記しておくと、1964年の東宝作品で、時間は89分、原案は戸板康二、監督は山本嘉次郎、脚本は田波靖男と山本嘉次郎の2人、撮影は遠藤精一、美術は植田寛、音楽は萩原哲晶と宮川泰の2人、殺陣は久世竜である。そして出演は、植木等、谷啓、ハナ肇、草笛光子、団令子、池内淳子、藤山陽子、進藤英太郎、田崎潤、藤木悠、有島一郎、北川町子、高橋紀子、若水ヤエ子、田島義文、安田伸、桜井センリ、石橋エータロー、犬塚弘、小杉勇、大泉滉、平凡太郎、宮田羊容、石田茂樹、春風亭柳朝、佐田豊、山本廉、吉川満子、広瀬正一、大村千吉、草川直也、桐野洋雄、二瓶正也、土屋詩朗、井上紀明、三田照子、中山豊、生方壮児、たちである。

父親を闇打ちされて失った古屋助六は、その仇討のために江戸へ向う。しかし、狙う仇は、背中に刀傷がある、というだけであった。が、陽気な助六は、さっさと仇討ちを果たして、その後半年ばかりは江戸で遊んでくる、という気持ちでご機嫌だった。そんな助六は、鈴ヶ森で雲助に因縁を付けられている白井権八を助ける。そんな所に売り出し中の侠客・播随院長兵衛が通りかかり、助六と権八は彼の侠気にすっかり感激して付いていき、2人は長兵衛の家に居候することとなる。しかし、長兵衛の女房・おぎんは大変厳しい女だった。で、2人は吉原で石焼芋屋をやらされることになった。ある日、2人は、長兵衛の留守の時に助けを求めてきた道具屋の娘・お菊を白柄組から救けだした。で、その褒美として長兵衛から暇を貰うと、2人は吉原に向かった。助六は花魁・揚巻を狙っていた。白柄組の親分格の髭の意休も揚巻を口説こうとするが、助六はそこで威勢のいい啖呵を切って揚巻の心を掴むのに成功した。やがて、助六は揚巻から、意休の背中に刀傷があることを聞き、仇討ちの相手が分かった。で、仇討ちに走り、見事に意休を倒して仇を取った。そんな時、長兵衛は白柄組との出入りで死んでしまい、助六が長兵衛の跡を継ぐことになったのだった。

この手の作品のストーリーは、あって無いもののようなものであるのは言うまでも無く、主人公に都合が良いように物語が進んで行くが、これはこれで良いでしょう。ということで、江戸時代に舞台を移しても、植木等のパワーは全く変わっていないということで、十分楽しめる作品である。(ということで、色々と考えることを止めて、笑った楽しみ、丸く収まっていいんじゃないですか...)

 

花のお江戸の無責任 [DVD]

花のお江戸の無責任 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「DEAD MEN DON'T WEAR PLAID」 [映画(洋画)]

表題の作品は1982年のアメリカ映画「四つ数えろ」である。後のビデオでは「スティーヴ・マーチンの四つ数えろ」というように、主演のS・マーチンの名前が邦題に追加されている。尚、本作は日本では劇場未公開である。1940年代の往年のハードボイルド映画を意識したパロディ作品であるが、当時の作品フィルムを部分的に使った巧みな編集によって、S・マーチンがH・ボガードやI・バーグマンといった往年のスターとの共演をさせているなど、かなり凝った作品となっている。また、昔の作品に遭わせるために白黒映像としているのもポイントである。

作品データを記しておくと、時間は88譜、白黒作品である。監督はカール・ライナー、脚本はジョージ・ガイプ、スティーヴ・マーティン、カール・ライナーの3人、撮影はマイケル・チャップマン、音楽はミクロス・ローザである。そして出演は、スティーヴ・マーティン、レイチェル・ウォード、レニ・サントーニ、たちである。また、エドワード・アーノルド、イングリッド・バーグマン、ハンフリー・ボガード、ウォーリー・ブラウン、ジェームズ・キャグニー、ウイリアム・コンラッド、ジェフ・コーレイ、ジョーン・クロフォード、ベティ・デイヴィス、カーク・ダグラス、ケーリー・グラント、アラン・ラッド、バート・ランカスター、エヴァ・ガードナー、チャールズ・ロートン、ブライアン・ドンレヴィ、ヴェロニカ・レイク、チャールズ・マッグロウ、フレッド・マクマーレイ、ジョン・ミラン、レイ・ミランド、エドモンド・オブライエン、ヴィンセント・プライス、バーバラ・スタンウィック、ラナ・ターナー、ノーマ・ヴァーデン、といった往年のスターが過去フィルムの引用部分に登場している。

私立探偵のリグビーは、ある女性から、父の死の謎を探って欲しいと依頼され、その調査を開始した。調査を進めていくが、何かと邪魔が入り、それを乗り越えて調査を進めていくと、ナチスのある陰謀が隠されていた...

ストーリーとしては、この手の作品に見られるように、あっても無いようなものであるが、捜査段階で往年の映画フィルムを使っていて、探偵・リグビーが往年のスターに尋問したり、邪魔されたりというように、あり得ないような共演を達成するというように、映画ファンにとっては夢のようなことが見られる作品となっている。(何せ、中には故人もいて、絶対にあり得ない共演がフィルム編集の巧みさによって実現しているように見せているのは凄いところです。)

ストーリーの方はほどほどであるが、映画ファンの夢を実現している作品であるだけに、作ひんょ楽しむのではなく、企画を楽しむというような作品である。

また、往年の作品を知らないという方は、本作を経由して「往年の名作」と呼ばれている作品を見るきっかけにするというのも宜しいかと...

 

スティーブ・マーティンの 四つ数えろ [DVD]

スティーブ・マーティンの 四つ数えろ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

DEE D. JACKSON『THUNDER & LIGHTNING』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1980年に発表された彼の2nd.アルバムである。'70's終盤の世界的なディスコ・サウンドの大ブームの時にデビューして大ヒット曲を放った彼が、一段とパワーアップして'80'sという新しい時代に向けて放ったアルバムである。が、ディスコ・サウンドのブームは既に去っていたこともあって、'80'sという時代に'70'sのディスコ・アルバムという時代錯誤となったことで、転けたことで逆に有名になったアルバムでもある。

収録曲は、オリジナル盤では全9曲であったが、現在では3曲のボーナス・トラックが追加されて全12曲の収録となっている。収録曲は以下の通りである。『SOS (Love The Rescue)』『Which Way Is Up』『Living In A Dream』『Teach You Want To Dance』『Thunder & Lightning』『Trail Blazer』『Sky Walking』『I'm Dying』『Stop All This Madness』。(以下、ボーナス・トラック)『S.O.S. Megamix』『Shotgun』『How Do You Want Your Love』。

この中からシングル・カットされたのは『SOS (Love The Rescue)』であったが、本国イギリスでは特にヒットすることはなかった。但し、フランス、ブラジル、イタリアなどではそれなりのヒットになっている。

お薦め曲は、シングル曲の『SOS (Love The Rescue)』、アルバム・タイトル・ナンバーの『Thunder & Lightning』、そして『Sky Walking』と『Stop All This Madness』をピックアップしておく。

サウンドの方はディスコ・サウンドであるが、かなりポップなものである。この点では'70'sディスコ・サウンドとは経路が違っているのだが、根本にあるのはやはり'70'sディスコ・サウンドである。そのため、'80年の終盤に発表された時点で、既に陳腐化した印象の方が大きい楽曲が詰まっていることになったのが残念なところであった。(出来れば後1年前に、遅くても'80年の初頭にリリースされていれば...と思う所である。)

特に「1980年」という声を聴くと、サウンドシーンは急激に変化を見せたこともあって、'79年、'80年のサウンドは大きく変化したこともあって、この時期のアルバムは「陳腐」というイメージのものと「斬新」というイメージのものとが極端に出ているアルバムが多いが、本作は前者の代表のようなものになってしまった。但し、本作は'80年の終盤に発表されたアルバムであるが、'70'sディスコ・アルバムと捉えればそれなりに楽しむことは出来るアルバムである。時代が少しずれているという印象のあるアルバムであるが、それから30年以上流れた現在では、逆に面白いかも...

 

Thunder & Lightning

Thunder & Lightning

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Self
  • 発売日: 2011/03/29
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケータイ刑事銭形愛13話[裏ネタ編]PART 10 [ケータイ刑事]

銭形愛」の13話「カメラは見ていたワンシーン・ノーカット ~BS-i連続殺人事件」の「裏ネタ編」の増補は今回限りです。で、五代さんが「謎は解けたよ」として口にした言葉から「ワックス」について、「ソックス」について、柴田さんが口にした「トム・ワトソン」について、ちゃんが「嬉しいこれがあるのか」と突っ込んでいた「悲劇」について、犯人はこれの名前で墓穴を掘ったと言うことから「お笑いグループ」について記します。尚、「ワックス」は「・10話[裏ネタ編]PART 8」で、「ソックス」は「・26話(2nd.13話)[裏ネタ編]PART 12」で「靴下」として、「悲劇」は「・18話(2nd.5話)[裏ネタ編]PART 2」で記したものをベースにして、それぞれ加筆しました。

また、この物語について過去に記した記事は「ここをクリック」してご覧下さい。また、この物語に対する過去に記した裏ネタ編は2009/4/5、7、9、13、15、16付です。

ワックス」:本来の意味は「蝋(ろう)」である。それらの中でも、家の床(板張りの床の場合)や(木製の)家具、または板金塗装された物のつや出しのために塗布される薬剤のこと、またはスキーやスノーボード、ソリの滑走面に潤滑剤として塗布する薬剤のことを言う。(尚、つや出し/潤滑剤として使用される薬剤の成分は、基本的にパラフィンや蝋である。)

蝋は、動物の油脂、植物の油脂などから採取されるものである。(動物に由来する蝋はその抽出元となる動物の名前を付けた形で呼ばれることが多い。(例えばミツバチが分泌する「蜜蝋」(クレヨンの原料でもある。)、マッコウクジラから撮られる「鯨蝋」など))その一方で、近年は鉱物や原油を分留して得られる蝋(パラフィンなど)や化学的に合成されて作られる蝋(炭化水素系化合物)もある。日本では前者を「蝋」と呼び、後者を「ワックス」と呼んで区別している。

物理的な特製はそれぞれ違いがあるが、一般的には常温では固体であり、気体になるとよく燃焼する。(そのため、昔は照明用として「蝋燭」に加工されて利用されていた。)また、融点は100゜Cよりも低いのが普通である。(一部に、常温で液体というものもある。)

ところで、家庭のフローリングに塗るワックスは乾くのに時間がかかるということがあるが、米のとぎ汁で雑巾がけを行うということでもワックス掛けと同様の効果が得られる。これは一度やってみると良いですよ。

英語では「Wax」、ドイツ語では「Wachs」、フランス語では「Cire」、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語では「Cera」(但し、発音は異なる。)、オランダ語では「Was」、中国語では「蜡(蝋)」と言う。

ソックス」:一般的には「靴下」のことを指す。それ以外では「硫黄酸化物」の総称として使われる。(化学式が「SOx」であるため。)また、古代ギリシャや古代ローマでは、喜劇役者が使用した軽い靴のことも指した。尚、特に断りなく「ソックス」と言うと、誰もが使用する「靴下」のこととなる。

「靴下」とは、足先を覆う衣類の一種であって、袋状になっているものである。英語の言い方である「ソックス」という言い方も定着している。一般に広く普及している通常の靴下は、足の指が別れて入ることがない形をしているが、最近では5本の指が別々に入るように、先の部分が分かれているものもある。また、足袋は、親指と他の4本の指が別れる形となっていて、2つに別れた形をしている。(但し、「足袋」は履き物であり、そのままで外を歩くが、「靴下」は履き物ではなく衣類であり、その上から靴を履き、それで外を歩くことになる。よって、靴下と足袋は、形は似ているが、全く別物である。→「靴下」は衣類の仲間、「足袋」は履き物の仲間である。)

靴下はあくまでも衣類であって、靴と素足の間に入るものである。そのため、これを履いた状態では外を歩くことはしない。又、冬場になると、夜寝るときも靴下を履いていると、暖かく寝ることが出来ますね。(冷え性の方であれば、これは常識ですけど...)

歴史は古く、古代ギリシャや2世紀のエジプトで、布製の靴下が使われていたことが分かっている。中世になると、伸縮性の布を用いた「ホーズ」と呼ばれる靴下が男性の間で使われるようになった。また、編んだ靴下は16世紀に広く普及することになり、ウールや木綿の靴下は17世紀になって大量生産されるようになって普及した。第二次大戦後は、ナイロンや化学繊維の靴下が最も普及するようになっている。

英語では「Socks」(単数形だと片足用のみということになるため、複数形で使われるのが一般的である。)、ドイツ語では「Socken」、フランス語では「Chaussettes」、イタリア語では「Calze」、スペイン語では「Calcetines」、ポルトガル語では「Meias」、中国語では「襪子」という。

トム・ワトソン」:アメリカのプロゴルファーである。1949/9/4生まれで、フルネームはTHOMAS STURGES WATSON(トーマス・スタージス・ワトソン)である。現在も現役のプロゴルファーとして活躍している。

1971年にクオリファイ・テストに合格してプロに転向した。(プロのキャリアも40年を超えたことになる。)1974年のウェスタンオープンで初優勝して以来、2011年の時点で通算70勝をしている。(現役であるため、更に伸びる可能性もあるのは言うまでも無い。)

1975年の全英オープンで優勝したことで一気に有名になり、'70年代後半から'80年代前半はビッグ・タイトルを次々と獲得していった。メジャー大会で通算8勝を挙げているが、これらは1983年までに達成したものであって、以後、メジャー大会での優勝はない。(全米プロゴルフでの優勝が無いため、キャリア・グランドスラムに王手を掛けているものの、まだ達成していない。)

日本で行われた大会でも優勝経験があり、ダンロップフェニックストーナメントでは2度優勝している。(1980年と1997年。)また、そのダンロップフェニックストーナメントが開催される宮崎県のフェニックスカントリークラブには、彼の名前を冠した「トム・ワトソンゴルフコース」がある。
また、1988年に世界ゴルフ殿堂入りをしており、世界の一流ゴルファーの一人である。

悲劇」:悲惨な出来事、不幸な出来事のことを言う。また、演劇の世界でも、人生の不幸や悲惨さを題材とした作品のことを言う。物語で「悲劇」と言うと、その終わりは、(主人公の)死、破滅、敗北、苦悩などて終わることが一般的である。(「バッドエンド」と言う言い方もある。)ただ、演劇に於ける「悲劇」の定義は、はっきりと定められているものではなく、「ハッピーエンドで終わらない作品」というかなり曖昧なものになっている。

尚、悲惨な出来事、不幸な出来事、という意味での「悲劇」の反対語は「喜劇」であるが、これは思わず笑いたくなる喜ばしい出来事と言う意味であって、演劇の世界で言う「喜劇」とは少しニュアンスが異なっている。(演劇の世界で「喜劇」と言うと、笑いを誘う劇のこと、つまりコメディ作品のことを指している。)

一般には、演劇の世界に於けるジャンルである「悲劇」/「喜劇」という意味で使われる事が多いため、フィクションであると考えがちであるが、現実に起こった悲惨な出来事、不幸な出来事/喜ばしい出来事という意味があり、現実のことでもある、ということを忘れないで貰いたいところである。

尚、演劇の世界での「悲劇」は古くからあるものであり、古代ギリシャの時代から「悲劇」は存在している。更に、「シェークスピアの四大悲劇」(「マクベス」「ハムレット」「オセロー」「リア王」)をはじめ、歴史的にも有名な作品が多数生まれている。

ちゃんはこの物語で「嬉しい悲劇があるんか?」と突っ込んでいたが、言葉の定義からするとおっしゃる通りということになる。ただ、バッドエンドを歓迎するという変わった考え方をしている人が居れば、話は変わってきますが...

英語では「Tragedy」、ドイツ語では「Tragödie」、フランス語では「Tragèdie」、イタリア語とスペイン語では「Tragedia」(但し、発音は異なる。)、ポルトガル語では「Tragédia」、中国語では「悲劇」と言う。

お笑いグループ」:客を笑わせることを目的として行われる演芸のことを「お笑い」と言う。これには色んなものがあり、演者が1人で行うもの、2人組で行うもの、大人数で行うものがある。これらの中でも、演者が2人から数人程度で行う演芸(漫才、漫談、コントなど)を行う演芸チームのことを特に「お笑いグループ」という。(大人数の場合も「グループ」ということに変わりないが、その場合は「お笑い集団」「おわらい軍団」などのように言われる。)

特に、漫才では2人組が最も多いが、これは2人組だと、ボケとツッコミという役割分担が明確になり、最もバランスが良いためである。(当然、両者がボケとツッコミの両方を行うコンビもある。)→3人以上のグループでは、ボケ、またはツッコミが複数いることになる。

尚、3人以上のグループでも、大ブームを起こして一世を風靡したお笑いグループも、幾つもいる。(例えば、1950年代後半から'60年代に時代をリードしたハナ肇とクレイジーキャッツ、'60年代から'70年代に人気を博したザ・ドリフターズなどはその代表的な存在である。)

ちなみに、「グループ(Group)」という言葉は「集団」「集まり」「群」という意味であるため、ぬ人というのは除外されるが、何人以上という規定はないため、人数が2人であっても、それは立派なグループである。

英語では「Laughter Group」、ドイツ語では「Gelächtergruppe」、フランス語では「Groupe du Rire」、イタリア語では「Gruppo di Risata」、スペイン語では「Grupo de Risa」、ポルトガル語では「Grupo de Risada」、中国語では「滑稽故事小組」と言う。

 

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

ワックスで創るジュエリー―30作品から学ぶワックステクニック (ジュエリー技法講座)

ワックスで創るジュエリー―30作品から学ぶワックステクニック (ジュエリー技法講座)

  • 作者: 日本宝飾クラフト学院
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2001/03/16
  • メディア: 単行本
ナンバースリー デューサーハードワックス 5 80g

ナンバースリー デューサーハードワックス 5 80g

  • 出版社/メーカー: ナンバースリー
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
ソックスとレッグウォーマー: はじめてのレッスン

ソックスとレッグウォーマー: はじめてのレッスン

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2011/11/04
  • メディア: 大型本
手編みのソックス

手編みのソックス

  • 作者: 嶋田 俊之
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 大型本
(アディダス)adidas 機能3Pショートソックス RL374

(アディダス)adidas 機能3Pショートソックス RL374

  • 出版社/メーカー: adidas(アディダス)
  • メディア: ウェア&シューズ
トム・ワトソン LESSON! スマイル、スマイル PART1

トム・ワトソン LESSON! スマイル、スマイル PART1

  • 作者: トム・ワトソン
  • 出版社/メーカー: ゴルフダイジェスト社
  • 発売日: 2011/11/10
  • メディア: DVD-ROM
トム・ワトソン LESSON スマイル、スマイル PART2

トム・ワトソン LESSON スマイル、スマイル PART2

  • 作者: トム・ワトソン
  • 出版社/メーカー: ゴルフダイジェスト社
  • 発売日: 2011/11/10
  • メディア: DVD-ROM
トム・ワトソンのゴルフ・ルール

トム・ワトソンのゴルフ・ルール

  • 作者: トム ワトソン
  • 出版社/メーカー: 日刊スポーツ出版社
  • 発売日: 1987/06
  • メディア: 単行本
悲劇の誕生 (岩波文庫)

悲劇の誕生 (岩波文庫)

  • 作者: ニーチェ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1966/06/16
  • メディア: 文庫
悲劇喜劇 2012年 07月号 [雑誌]

悲劇喜劇 2012年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/06/07
  • メディア: 雑誌

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。