SSブログ

「DANGEROUS MISSION」 [映画(洋画)]

表題の作品は1954年のアメリカ映画「雪原の追跡」である。日本での劇場公開は1954年8月であった。当時、3D作品(現在の何度か目の3Dブームとはことなる赤青メガネによる3D方式である。)として製作された作品の1本であって、アクション作品である。(が、随所に'50'sらしいノリのB級作品である。)

作品データを記しておくと、時間は75分、原作はホレイス・マッコイとジェームズ・エドミストンの2人、監督はルイス・キング、脚本はW・R・バーネットとチャールズ・ベネットの2人、撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はロイ・ウェッブである。そして出演は、ヴィクター・マチュア、パイパー・ローリー、ウィリアム・ベンディックス、ヴィンセント・プライス、ベタ・セント・ジョン、スティーヴ・ダレル、マリオ・ドワイアー、ウォルター・リード、デニス・ウィーバー、たちである。

ニューヨークのナイトクラブのオーナーがギャングに殺されるという事件が発生した。唯一人の事件の目撃者だったルイズはグレイシャー国立公園に逃げ、そこのホテルの売店で働いていた。目撃者のことを知ったギャングは、ルイズを消そうとして動き出し、一方、検察は彼女を証人として召喚しようとする。その頃、そのホテルに、アダムズという男がやってきて、ルイズと親しくなる。アダムズは更に、インディアン娘のメリーにも興味を持った。また、警備指令に尋問されたマットという男もルイズに関心を持った。そんな中、マットはメリーの父がお尋ね者ということを知り、ルイズもそんなマットに興味を持った。翌日、ホテルの近くで山火事が発生し、マットは消火隊に加わる。一方、アダムズはルイズをドライブに連れ出した。それを知ったマットは、自分は検察の密偵であることを語り、アダムズはギャングの一員というのだった。で、ルイズが危険として、後を追った。アダムズは折を見て、ルイズを自動車から突き落とし、殺したと高をくくった。が、ルイズは奇蹟的に助かっていた。アダムズは、メリーを騙して秘密の山路を案内させて逃亡しようとする。が、ルイズがアダムズの正体を知り、また、以前にメリーに案内されたことのある山道を思い出し、アダムズはそこから逃亡しようとしていると気づいて、マットと共に後を追った。そんな2人は途中で狙撃される。それはメリーの父だった。で、2人はメリーの父を説得し、アダムズの後を再び追う。そして氷河で追いつき、銃撃戦となる。メリーの父は殺されてしまい、ルイズは氷が崩れて転落してしまう。マットはアダムズと死闘の末、崖から蹴り落とし、メリーとルイズを助け出した。

物語としては平凡なアクションドラマであるが、やはり「3D」ということをかなり意識しているシーンが多く、見せ場の方はそれなりに考えられている。(現存するソフトは3Dではないが、3Dを意識した構図が色々と見られる。)しかし、その分、ストーリーの方には注意がされていないことから、B級作品として平凡なものになってしまった。

まあ、ブームということに乗って登場した作品であるが、そのブームが去り、普通の映画として見たら、たいしたことのない作品だったと言うことでした。尚、現在の3Dブームの方も、既にアメリカでは飽きられてきているだけに、いつまで持つことやら...(実際、最近の3D映画はボロボロになってレベルも落ちてきているだけに、本作のようなB級扱いになりそうな気が...)

 

↓かつてはLDでリリースされていたが、DVD化されていません。ビデオです。(3Dではありません。)

雪原の追跡 [VHS]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: VHS


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。